あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 第10号 PENTAX LX Titan

<<   作成日時 : 2007/03/14 22:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

画像いきなり特別モデルのLXチタンです。名機と言われるLXですが、真っ先にチタンを買うとは思いませんよね、普通。当時、結構LXは並んでおりました。どこでも大抵1台はありましたし、店によっては5台以上並んでいるところもありました。とある日、いつもの様に?銀座レモン社へ行くと、コレがあったのです。使われた形跡がありましたが、元箱・取扱説明書・保証書・限定ストラップ・その他付属品等、全て揃っていました。お値段は33万円!!! たかーーい!

いくら何でも・・・・その場で決められる価格ではありませんでした。とはいえ、どうせ普通のLX買っても欲しくなるんだから、最初から特別なモデル買ってしまえばいいんだ(爆)とか、貯金をはたくべきか、いや次のチャンスを待つべきか、等と既に買う前提に立って(笑)あーだこーだと悩んで数日が過ぎました。
ある日、とあるカメラ店で「LXチタン出てるのよ」「おー珍しいねぇ、いくらで出てた?」「30万ちょっとだったかな」「ふぇー、結構良い値段だねぇ」とその店の常連さんらしき方と店の方とが話題にしているのを聞いてしまったのです。結局それが引き金となって、次の日に「すいません、あのLXチタン見せて下さい」・・・・・・舞台から飛び降りてしまったのです。

これほど高額のものを買った経験は、クルマぐらいです。その記念すべき(?)LXチタンが我が家へやってきました。しばらくはいじくって遊んでいましたが、まずどういう状態なのか見てもらおう、ということで、初めて新宿のフォーラムへ足を運びました。その結果は、
*オートは問題ないが、マニュアルで高速度シャッターが遅い(基準外)
*外観チェックで、巻き上げレバーに傷有り
「巻き上げレバーは交換されますか?」と言うので「出来るんですか?」と聞き返しますと、「ええ、部品ありますから大丈夫ですよ」と。箱に入っていた説明書には「外装部品は交換すると一般部品になる」ような内容が書いてありましたので、実に意外なお答えでした。もちろん「それじゃ御願いします!」となりました。(ちなみにパーツ代は1,310円でした)
約半月後に無事修理を終えてLXチタンは帰ってきました。交換部品は、その巻き上げレバーとホルダー・ストッパーの三点で、修理代金は合計15,970円でした。

画像さて、レンズですが、当初は新たに購入したsmc PENTAX-A50mm F1.4でしたが、その後中古で入手したsmc PENTAX-A50mm F1.2にグレードアップしています。このレンズ、どうしてもフィルターが付かないので、よーく見てみると、外装枠にホンのわずかですが当たりがある事が判明し、これまたフォーラムへ入場、外装枠を新品に交換して今に至っています。K50mm F1.2とどこか違うか?と言うと性能上の差は私にはわかりません。K50mm F1.2で見られるおかしな模様状の曇りは幸い見えません。

ストラップは、付属の本革製記念ストラップはもったいないので、これまたフジヤで運良く入手出来たエクセーヌ製ファッションストラップを奢っています。えんじ色が大変美しく、高級感ある色だと思いますし、手触りも程よく滑らかで大変気に入っています。"PENTAX""Professional"と刺繍されており、当初はプロストかと思っていましたが(修理に出したフォーラムでは、付属品欄にはプロストと書いてました)普通に定価2500円で販売されていたものだそうですから、いわゆるプロストではありませんね。しかし、このファスナー部?はクルクル回ってしまうので、ストラップが簡単にねじれてしまうのはちょっと考えものですね。

当然ケースも必要、と言う事で、ヨドバシカメラに発注して新品を購入しました。これについては、ボディ穴とケースを止めるネジの位置ががずれているという話もありましたが、幸いこれはそういうことはなかったです。また、純正丸形フードであれば、逆付けでケースに入る事を確認したので中古を探し出して装着しました。
シャッターボタンアタッチメントLXは新宿のカメラ市場で525円で入手しました(定価の5倍!)。最初はどうしたものか、と考えましたが、まぁ1つくらいはあっても良いかと思い買い込み取り付けました。
先日、紛失したと思っていたこのパーツ、「落っことすといけないから」と考えた?のか、保管してあったのがわかりました(もうボケて来たか・・・^^;;)。実際、ゴム系接着剤で仮止めでもしないと、シャッターを切る度、あるいはロックをオンオフする度に緩んでいくらしく、カラ打ちをやっているだけで落ちてしまいます。といいつつ、ソフトシャッターボタンの感触も悪くないので、なくしても補充が効く(?)、マップカメラのオリジナルシャッターボタン<つや消し銀>を購入し、取り付けました。ねじ込み部が少し長いのか、キッチリ取り付けられたように思えます。この辺は持ち出して実際に使ってみないとわかりません・・・・・・。

ホットシューカバーは最近になってですが、定番FL-Sを嵌め込んでドレスアップしています。
フォーカシングスクリーンが多数準備されたのもLXの特徴ですが、今現在は方眼スクリーンマットSG20が収まっています。なお、LX2000で登場した60番台のものは今回値上げされましたが、販売は継続されています。

画像

LXと言えばグリップも必要です。なぜかならば、LX購入前に、既にモータードライブLXのセットとワインダーLXを入手していたからです(なんとまあ、手回しの良いこと・・・w)
これはオークションで入手しました。ちと傷がありましたが、ま、それは気にしないと。ストラップ釣り金具を止めるピンをフォーラムで取り付けてくれるという話がありますが、まだそれは行っていません。縦釣りもちょっとカッコイイかも・・と思ってますので。

かくして、PENTAXの35mm判一眼レフのトップモデル、LXが私の陣容に加わりました。使ってみますと、実に良く丁寧に作り込まれていることがわかります。このしっかり感は残念ながら他のペンタ機にはないものです。ちょっとくぐもった感じのミラー・シャッター音も高級感を漂わせています。この辺の感じは愛機KXやあのK2DMDにもありません。ちょっと悔しいんですけれども。(NikonF2とCanonF-1がやはり”しっかり作り込みました”という感じを受けます)手巻きで使用して、最後にフィルムを巻き戻す時のあの感覚もちょっと独特です。釣りで、リールを巻き上げるときのような感触と音は、このカメラ以外にはありません。

ある時はモードラ、ある時はワインダー、そして手巻きと色々なスタイルで活躍しています。
画像

画像

ちょっと遊んでみました(^^;;

限定モデルではありますが、中古市場に出てくるものの中には結構使われたモデルも多いようです。かく言う私もしっかり使っております。後期型、と呼ばれるものがベースなので、メンテもまだ問題はないようです。

次は、初のAF機、バンデル星人第1号です。

2007/8/8
本文内のカメラボディの記述にリンクを張ってみました。
次のモデルの御紹介をリンクと共に復活させてみました。
2007/11/1
本文で記述しているレンズにリンクを張りました。
2007/12/29
本文中に記載したボディにリンクを張りました。
2008/2/16
本文記事に少々追加を致しました。
2008/3/23
写真を2枚追加しました。

2008/9/25 更新
引き続き快調であります。
*本文中に記載されたアクセサリー等にリンクを張りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベースのメンテナンス
ベースのメンテナンスある意味商売道具でもあり彼女でもあるベース。メンテナンスは大事だねー。とか考... ...続きを見る
兵庫県加古川市在住カズの日記
2007/04/06 01:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは.
つかぬことをおうかがいいたします.
LX Titanと2000では,使用感に違いを感じることはありますか?
どちらかを購入したいと思っておりますが,Titanの中古価格でレンズの付いた中古の2000がほぼ購入できるので,お得感は2000かなと.
地方在住ですので,店頭在庫を確認できないのもちょっと不利です.
アドヴァイスいただければ幸いです.
あば
2010/09/03 23:37
あば様)
こんにちは。コメント頂きまして有り難うございます。

さて、チタンと2000との比較ですが、自分の使用状況に於いては差はありません。
仰るとおり、LX2000には50mmF1.2SPが付属しますから(たまに付いていないものが出ますが)カメラとしてはこちらが正論でしょうね。
そして出来れば、購入後に一度整備点検をお勧め致します。
A・P(ブログ主)
2010/09/05 04:32
ご返信ありがとうございます。
2000のほうが発売も後で、美品も探しやすそうですね。
アドバイス感謝いたします。
あば
2010/09/05 13:56
あば様)
こんにちは。

どちらも今となっては新品は入手不可(未使用品だった場合は整備しないとカメラを痛めますし)ですので、コレクション目的の決め打ちでない場合は、チタンやlimited、2000と言う感じで広く門戸を開けて探されるのが良いと思います。
また、どれも高価なものですので直ぐに売れてしまうことは滅多にありませんから、見つけた場合でも手にとってじっくりチェックされた方が宜しいかと思います。
よい出物に巡り会えると良いですね♪
A・P(ブログ主)
2010/09/06 00:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
第10号 PENTAX LX Titan あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる