あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 22本目 SMC PENTAX 55mm F1.8 / 最初のレンズ

<<   作成日時 : 2007/09/15 08:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

このレンズは、第1号のKXの頁でも記しておりますが、私の初の一眼レフ用レンズであります。なんと初代ASAHI PENTAX(AP)に準備されたプリセット絞りのタクマースーパータクマー時代から存在しているレンズであり、その素性の良さは知れ渡っております。私はもちろん、そんな事は知らずに「安いから」、いや、予算上「コレしか買えない」のでこのレンズを買ったわけです。「安いのに良く写る」というのもこのレンズの美点の一つなので、まさにその通り、と言う事になります(笑

さて、このレンズ、F5.6に絞った辺りが尤も良い画になるのではないか?と思っております。
それ以前の開放〜F4までは、余りよい印象を持っておりません。今ひとつピシッとしまらない印象がありました。(自分の腕の問題もあって、とてもお見せできません^^;)
F8〜11が上限で、それ以上は逆に使わない方が良さそうです。

30年前の古い写真ですが、これが確かF5.6です。

画像

ASAHI PENTAX KX銀 F5.6 1/500 FUJI NEOPAN SS Kenko Y2フィルター
* Nikon CoolScan3 アンシャープマスク80%

これも古いです^^;

画像

こういう風景はすっかり過去のものと化しました・・・
ASAHI PENTAX KX銀 F5.6 1/500 FUJICOLOR-FII Kenkoスカイライトフィルター
* Nikon Coolscan3 カラーバランス修正 アンシャープマスク80%

2009/3/1
ブルトレとEF18が目的でしたが、EF18は1両も撮れずじまいで悲惨な日でありました。よもや東海道からブルトレが消える時が来るとは想像もしませんでした。いずれも33年前、1/3世紀前の冬のある日のことです。

画像

4レ 特「はやぶさ」 EF65536[東] + 25系14連[南シナ]
* ASAHI PENTAX KX銀データ不明 FUJICOLOR-FII400 Kenko SL-1フィルター
* Nikon CoolscanIII ガンマ1.5 アンシャープマスク80%

画像

特急貨50レ ワキ10000が連結されています。EF6650[幡]
* ASAHI PENTAX KX銀データ不明 FUJICOLOR-FII400 Kenko SL-1フィルター
* Nikon CoolscanIII ガンマ1.5 アンシャープマスク80%

画像

6レ 特「みずほ」 EF65538[東] + 14系14連[南シナ]
* ASAHI PENTAX KX銀データ不明 FUJICOLOR-FII400 Kenko SL-1フィルター
* Nikon CoolscanIII ガンマ1.5 アンシャープマスク80%

画像

2レ 特「さくら」 EF65535[東] + 14系14連[南シナ]
* ASAHI PENTAX KX銀データ不明 FUJICOLOR-FII400 Kenko SL-1フィルター
* Nikon CoolscanIII ガンマ1.5 カラーバランス調整 アンシャープマスク80%

落ち着いて考えると、東京機関区も品川客車区も、いや国鉄というもの自体が歴史の1コマになってしまったのですね。

2010/2/3 作例追加
古いネタばっかりなのもナニですので、新しいものをちょっと・・・

画像

品川を出発する京浜東北線209系最後の1編成。SMCP 105mm F2.8と同じ位置でレンズを交換して撮ったものです。
ASAHI PENTAX KX 1/1000 絞りF8 Kodak SuperGold 400 SMCスカイライトフィルター
* Nikon Coolscan III コントラスト+5 明るさ-10 アンシャープマスク50%


画像

このお尻しか知りませんでしたから、50mmF1.2を入手してお尻を見た時は、そのレンズの大きさにびっくりしました。


画像

このレンズは2本持っておりますが、幸い2本とも黄色くなっておりません(番号が近いので多分同じグループ)。その代わり、曇りは若干出るようです。撮影に影響する程にはならないようで、透かして見て「ちょっと曇ってるかな?」というようなレベルですが。
2本とも写真レンズ工房さんで整備済で、曇りは殆どなくなっています。

カメラボディに良く付いてくる、と言われておりますが、私の場合は1度も付いてきた事が無く、もう1本は単独で入手したものです。標準レンズということで、結構ラフに使われたのも多く、仕舞い込まれてカビ・埃だらけという目にあったものも多いようです。探しにかかると、良いものはそう多くないようです。まぁ30年も経ってますからねぇ・・・・。

このレンズはM化されることなく、55mmという焦点距離はこのKレンズを最後に消滅しています。なお、輸出用廉価版に55mmF2というレンズがあるようですが、私はまだお目にかかっていません。( 2007年、年末にこのレンズをゲットしました!
実質的な後継はM50mmF1.7で、さらに性能が上がっているようです。その後A50mm F1.7F50mm F1.7と続き、最終的にはFA50mm F1.7まで引き継がれて、2004年のディスコン嵐で消滅しました・・・。
2014/11/13 追加更新
2012年7月に、smc PENTAX-DA 50mm F1.8 として再び復活しました。このレンズのおかげでRH-RA52は残存しています。

画像

基本的にこの2台にくっついています。

2014/11/13 追加更新
レンズ構成: 5群6枚
フィルターサイズ: 52mm
絞り: 完全自動絞り F1.8 〜 F22
絞り羽根枚数: 6枚
最短撮影距離: 0.45m
最大径 x 全長: 63 x 39mm
重量: 221g
レンズキャップ: レンズキャップK 52mm
レンズフード: 標準レンズ用角形フードK、標準レンズ用丸形フードK、RH-RA52  
レンズケース: 標準レンズ用革ハードケース


次はSMC PENTAXのイメージリーダーとして、華々しく登場した50mm F1.2です。

2007/9/30
作例1枚追加しました。
2008/2/8
本文内の記述に少々追加、さらに記述しているレンズにリンクを張りました。
2009/3/1
作例4枚、どれも古いものですし構図も今ひとつですが、東海道・山陽線の寝台特急もいよいよ終わりとNHKまでもが放送するくらいなので、あえて載せてみました。
2010/2/3
作例写真1枚、最近のものを追加致しました。

2014/11/13 追加更新
*本文記事、少量追加しました。
*本文記事に簡単なスペックを追加しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
22本目 SMC PENTAX 55mm F1.8 / 最初のレンズ あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる