あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 第43号 PENTAX LX 前期型 / 頂き物 第4号 / オーバーホール無事完了!

<<   作成日時 : 2008/02/02 10:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

画像


MXに引き続き、「あげる」と言う事になってやってきたのがコレです。
smc PENTAX-M 28mmF3.5がくっついてきたのはLX前期型(No.524xxxx)+FA-1でありました。

「後期型だったらいいのにな〜」とゼイタクを言ってはバチがあたります。有り難く頂戴致しました。
レンズについては別途UPしておりますので、ボディについて、です。
1)シャッターボタンを押すと、ミラーが「よ〜〜い、しょ!」と言う感じで上がり、シャッターが切れます。何度か繰り返しても、ミラーの上がり方が少し変わるだけで、ワンテンポ遅れてシャッターが切れるのは変わりません。
2)で、ミラーアップしておいてシャッターボタンを押すと、シュバッとストレス無くシャッターが作動します。問題はミラー駆動機構です。
2)露出計は作動します。一応LED表示を見る限り問題はなさそうです。
3)セルフタイマーは作動します。前期型お決まり、飾り蓋塗装剥がれが発生しています。
4)FA-1の接眼部のガラスは多分交換が必要。
5)フォーカシングスクリーンに異常はなし
6)裏蓋はガイドローラーなしのもの
7)革が一部剥がれており、それをガムテープで止めていたため、テープの糊が溶けてはみ出しており、非常に小汚く見える。

画像

ガムテープを引っぺがし、プラシンナーで清掃しました。ものの見事に剥がれています(w
ここにまさか線が走っているとは思いませんでした。


画像

シャッター幕は問題なさそうです。前期型ですね。

さて、LXについては、特殊な密封構造を採用している事もあり、今まで一般の修理店では殆ど受付を行って居らずメーカー修理であったわけですが、前期型については2006年夏頃に電子基板の払底をきっかけとしてペンタックスではオーバーホールの受付を終了しており、かなり限定的な修理の受付のみ、という様な事態になってしまいました。

おなじみのカメラサービス鹿児島さんへ問い合わせてみました。
「既に在庫がない部品が逝かれていた場合は修理不能ですが、そうでない場合はオーバーホールをお引き受けします」
との事で、ペンタックスフォーラムより融通が利く対応をして頂ける事になりました!

早速この前期型は遠く鹿児島へ送られて行きまして、先日見積もりの連絡がありました。

修理工賃・部品代込み・税込み33,600円
*オーバーホール
*ミラー作動不良・修理
*貼り革交換
*セルフタイマー飾り蓋交換
*覗き窓清掃
*各部、分解清掃・調整・点検

2008/2/10
本日、戻って参りました!
見積もり連絡を頂いてからわずか1週間で完了、そして今日鹿児島から戻って参りました。

画像

フロントの革は新しくなりました。

処置内容)
*ボディ オーバーホール 分解、修理、清掃
*シャッター切れ不具合、修理
*ミラー作動不良、修理
*シャッター油切れのため精度不良、注油、調整
*ISOダイヤルロック不良、交換
*ISO基板不良、交換
*ミラーモルト、セルフボタン、前レザー、交換
*各部点検、調整、清掃
*FA-1ファインダー内曇りのため、清掃
交換部品)
*ISOダイヤル関連部品
*ISO基板
*ミラーモルト
*セルフボタン
*レザー
で、リピーター割引の結果、合計30,240円となりました。

画像

LX前期モデルが2台になりました。並べて記念撮影です。

繰り返しますが、前期型でもオーバーホール可能です!

戻ってきた後、速攻でいろいろと弄くりましたので、早くも前オーナーの時の姿から変貌を遂げつつあります(w

画像


LXデータバックを前期1号機から移動しました。1号機には修理時に取り替えた後期型の裏蓋を復活させました。
*ストラップはストックしておいたPENTAX/HONDA racing teamストラップを装着。
ホットシューカバーはFLを装着。
*FP/X接点/専用ストロボ接点カバーは、現在入手出来るシンクロターミナルキャップMEシンクロターミナルキャップ4Pを装着。
*アクセサリーグリップBを装着。
アイカップFOを装着。
*紛失したと思っていたシャッターボタンアタッチメントLXが発見された(なくすので外して家に置いてあったw)ので、ソレを装着。(→現在はマップカメラのソフトシャッターボタンつや消し黒に交換して保管)
なお、写真にあるモードラLXユニットは、元オーナーに見せびらかす(爆)為に装着してみたものです。

「懐かしいな・・・」 と元オーナーはしばらくいじくり回した後、

「で、MXは?」

そんなにカネありませんよー(w

2008/2/13
写真と本文記事を一部修正し、追加しました。
2008/3/20
タイトルを一部修正しました。
2008/3/29
本日、初出動致しました。レンズはA☆トリオ85/135/200マクロ、そしてこの28mmです。
・・・新しい貼り革が捲れてきてました^^;
2008/4/8
先日、撮影に持ち出そうか?と言う事で取り出したところ、なんと電池が死んでいました。
上記の通り、3/29の初出動に際して新品の銀電池を入れたばかりです。
早速チェックにかかったところ、なんと露出計のLEDが点灯しっぱなしという事がわかりました。しかも、電池を電池室に入れ、フタをかぶせただけでもうLEDが点灯してしまうのです。それじゃ電池があっさり消耗してしまう訳です。
貼り革の捲れも激しいので、この2点を直ちに鹿児島さんへ連絡したところ、「着払いでかまいませんからもう一度お送り下さい」との事。
再び整備に行く事になりました。

2008/5/4
と言う事でLXは鹿児島へ再度旅立ちまして、GW直前の先日、無事戻って参りました。
今回の再修理では回路基板不良という事でこの交換と、剥がれた前部レザーの貼り直しが行われました。
念のためチェックしてみましたが、問題なくLEDは消灯します(当然w)
先月末で閉店してしまった新橋の大庭商会さんで見つけたLXの本革ケース(中古)に入れております。
さて、今度こそ無事復活、と行きたいところです。

2008/8/14 更新
現在まで2回ほど使用しておりますが、問題なし、であります。
*タイトルを少し変更、本文中のアクセサリーパーツ等にリンクを張りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
私も2008年頃に前期型の修理(OH)をしました。症状は全く同様で、ミラーの動きがとろい。メーカーでは部品が無いので修理不能と言われましたが、Pentax修理で定評のあるH工作所にお願いしました。料金は確か30000円くらいだったと記憶してます。LXの修理は他の機種の倍、時間が掛かるので、大変だとのことでした。
☆ほし
2012/08/27 17:43
☆ほし様)
コメント頂きまして誠に有り難うございました。こちらこそ宜しく御願い致します。
その後のLXの調子は如何でしょうか?
当方のLXはまだ防湿ケースに放り込まれたままなのでちょっと心配ですw
A・P(ブログ主)
2012/08/31 22:26
A・P(ブログ主)様

修理したLX、快調です。メイン機として使ってます。かなり使い込んでるので、擦り傷だらけですが。
H工作所は、Pentaxの修理担当者が紹介してくれました。他の修理店では皆断られたので、大変助かりました。
ある修理店では、防湿シールは出来ないと言われたり。

この後で後期型をPentaxでOHしました。シャッター幕と底ぶたを交換してもらったら、シリアルが変わってました。

☆ほし
2012/09/01 09:19
☆ほし様)
快調とのこと、良かったですね。やっぱり使ってナンボですからねー。
Hさんというのは、言わずと知れた某所だと思いますが、以前に何かで読んだ時はコーキングには対応していないと記憶しておりましたが、そうですか、それは良かったです。
外装を交換するとシリアルが変わっちゃうのは当たり前と言えば当たり前ですが、ちょっと残念ですよね。
A・P(ブログ主)
2012/09/01 21:38
Hさんとは仰るとおり、Pentax修理の大御所です。修理を依頼したときに、LXと聞いて初めはウ〜ンと言ってたのですが、結局引き受けてくれました。取りに行ったときに、シールもしましたと言ってました。でもLXの修理は労力が半端ではないとかで、あまりやりたくないのが本音だそうです。
もし前期型の外装を交換できた場合は、シリアルは前期型の番号なのでしょうか?
☆ほし
2012/09/02 21:33
☆ほし様)
交換されたものは所謂後期型のナンバーになるようです。従って、市場に出ている中古の中には、この外装交換による前期型の「なんちゃって後期」があると言われています。ですから、素人の我々が前期・後期を見分けるポイントはパトローネ受け口ぐらいかと。
A・P(ブログ主)
2012/09/04 22:57
A・P(ブログ主)様

「なんちゃって後期」ですか、これは気をつけないと。

そういえば後期型をPentaxでOHしてもらうときに、裏ぶたを開けて内部をいろいろ見てから“後期型ですね”といわれたのを思い出しました。

H工作所で修理した前期型は、一部の部品が手に入らず、後期型のものを流用したと言われました。
そのまま使ったのか、改造したかは聞き忘れましたが。
☆ほし
2012/09/06 10:09
私のところも順調に増えています、LX。

昨日、後期型(FA−1付)をお安く(諭吉1枚でお釣りアリ!!)ゲット。
ファインダーにチョイカビありとのことでしたが、私の【Fushiana-eyes】には、よく分かりませんでした。

これで4台目。

初期型が2台、前期型が1台、そして後期型。
ファインダーもFA−1×2個とFA−1WとFA−2が1個ずつ。
外観は後期型以外はよくありませんし、1台は不動品。
カラーダイヤル欲しさに、買いました。

モードラ2組にワインダー1個、LX現役時代から見れば、夢のようなラインアップです。

不動品のカラーダイヤル以外は、いたってノーマル仕様です。
巻き上げレバー【スリム】は、マジ見ませんね。
M42沼
2016/09/28 08:44
M42沼さま)
お返事遅れて済みません(1ヶ月半も経ってます……)
LXも安くなってしまったものですね。
今のフィルムのお値段では、昔の様に景気よくモードラでバシャバシャバシャとはとても出来ません(笑
しかし、それを入れても最近のフィルム一眼の稼働率低下はちょっと困りものです。
A・P(ブログ主)
2016/11/12 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
第43号 PENTAX LX 前期型 / 頂き物 第4号 / オーバーホール無事完了! あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる