あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS アクセサリー1コめ アイカップ その2

<<   作成日時 : 2008/02/16 09:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

さて、アイカップその2,です。

2)Mシリーズ(Aシリーズ、Pシリーズまで)並びにLX全モデル
2008/4/20) 
アイカップM(現行) これ忘れてちゃいけませんですよね。ME/MXの発売以来継続しています。深いタイプなので、眼鏡使用の人には向きません。(ということで持っておりません)

2009/4/12
アイカップP(絶版)
A3 DateP30/P50シリーズ用。
画像

かなり大柄で、MシリーズやSuperAにも付けられますが、ペンタ部からはみ出すのでお勧めしません。
新品で見つけるのは相当難しいので、無理せずにFLを購入されるのが良いと思います

2015/9/3 追加

アイカップFLが販売終了してました!
M系列のカメラに幅広く使えるタイプで、かつ値段も安かったのでありがたい存在だったのですが、あーこれは痛いですねぇ……。

アイカップFL(現行絶版) ほぼ流通在庫も消えた模様。
アイカップFG(現行絶版) FLより値段が高い。Mシリーズには必要ないと思われる。 高かったせいかまだ流通在庫あり。
アイカップFH(絶版) Sシリーズ、Kシリーズ用にドンピシャだが、M系列の各カメラにも嵌まる。
*取り付け方は、FLやFGが普通にファインダー枠上方から溝に沿って滑り込ませるのに対し、FHはS/Kシリーズに取り付けるのと同じようにm片側の溝に引っかけて引っ張り、もう片側を填め込む方法になる。
これならむしろ、FHの方が外れないと思われる。

*私のPENTAX MGだけFLではスカスカだったのですが、個体差かな?
アイカップFO(現行) LXだけ取り付け可能。他のMシリーズモデルに取り付けた場合は裏蓋が開閉不可能となる。

2015/9/6 追加更新

LXには、現在も供給が続いているデジ一、K-7/K-5用のアイカップFR、K−3用のアイカップFSがちょっと固いものの入ります。むしろ取れにくくていいかもしれません。
MXやME系にはちょっと嵌まりません。これは、LXの接眼部が飛び出しているために嵌まるようで、MXやMEはこの部分がLXと比べ薄い事が原因のようです。



*現行他社品
Nikon DK-20 非常に安い(笑)。 しかしMXに付ける際、非常に固くラバー部を破損^^;

画像

お値段がざっと倍違うFGとFL。外側(眼の側)からでは区別が付きません。


画像

ちょっと解らないでしょうけれど、上がFGで縁の上部、端から端までラバーが廻っています。
一方、下のFLは、縁の上部に欠き取りがあります。 


画像

FLをMX黒に装着した場合ですが、この通り一番下までFLを押し込んでしまうと裏蓋開閉時に少し引っかかりが生じます。また、逆に裏蓋を閉じる際にはゴムの裾を噛んでしまいます。ということは裾を少しカットしてしまえば問題ないわけです(笑)


画像

FLをLX黒+FA-1Wに装着した場合。全く問題はありません。裏蓋のひっかかりもありません。


3)SFXシリーズ
SFX/SFXn 純正はアイカップF(絶版) オークションでたまに出ますが高いです。 
SF-7 純正はアイカップFB(絶版)昨年までビックカメラにありましたが・・・

*3台ともアイカップFLで対応できます。(実際にやってみましたw)
*アイカップFはラバー部分が広い事からメガネ使用の私の場合、真ん中部分に裂け目が出来かかっています。ということでスペアを入手していますが、ちと高いですね(とはいえ定価1500円で済んだわけですが)
*SF-7のアイカップFBはハメコミ式でボディと一体デザインされています。かなり固く通常外す事はありません。外すのはマグニファイヤーやアングルファインダーを使う時ぐらいしかないのですから。
と言う事で、このアイカップやホットシューカバーのないボディはジャンクの可能性を疑うべきでしょう。また、入手する場合は付いている物を狙った方が良いでしょう。

画像

アイカップF。SFXのボディに合わせてデザインされています。かなり大柄であります。 


画像

SFXです。アイカップFが付いた本来の姿。

画像

アイカップFを外すとこういう感じになります。一気にジャンクっぽくなります^^;; 


画像

アイカップFLを装着したSFX。余り違和感はありませんね。オリジナルのアイカップFが無くなったり破損した時はFLを使うしかないので、ま、最悪の場合こうなると言う事です。


画像

オリジナルのSF-7クォーツデート。アイカップFBもF同様にボディと一体デザインされている事がよく解りますね。

画像

FLに交換してみました。思ったよりは似合う事がお解り頂けると思います。


4)Zシリーズ
Zシリーズのアイカップは、ボディと一体でデザインされていますので、通常外す事はありません。(購入した後視度を調整するか、アングルファインダー、マグニファイヤーを使う時ぐらいです)従って、このアイカップやアクセサリーシューカバーがないボディはジャンクの疑いがあります。
種類が4つもあります。

Z-10 純正はアイカップFC(絶版)
Z-20/20p/50p 純正はアイカップFE(絶版)
Z-70p 純正はアイカップFF(絶版)
*多分どれもアイカップFLで対応可能ではないかと思われますが、持っていないもので確認できません。お持ちの方、情報を頂けると幸いです。

Z-1/1p/5/5p 純正はアイカップFD
*アイカップFLで対応可能。(実際にZ-1/1pでやってみました)

画像

Z-1[限定]のアイカップ部分。上のSF-7同様、デザインされたアイカップFDです。これが取り外せるとは普通の人は考えませんね。

画像

アイカップFDを取り外したところ。非常にブサイクになりますねぇ・・・余り見たくない姿ですね。

画像

FLを装着した姿。FDが嵌っていた部分のへこみ型が、いかにもあり合わせのものをつけてます式で一気にチープ感を漂わせてしまいます。 

5)MZシリーズ
このシリーズもZシリーズ同様種類が多いです。

MZ-10/50/60 純正はアイカップFH(絶版)
MZ-30 純正はアイカップFK(現行)

MZ-3/5/5N  純正はアイカップFG(現行絶版
MZ-7/  純正はアイカップFK(現行)
MZ-S 純正はアイカップFL(現行絶版

さすがにFG,FH、FL以外、全て生産販売継続中です。FHの流通在庫は未だあるようですが・・・。

画像

MZ-S。純正ですから当たり前ですが、バランス良く纏まってますね。 

2009/8/2
MZ-7/MZ-L用のアイカップFKを買ってきました。
画像

FLよりFKの方が単純成型なので(FLはラバーパーツを2本のネジで留めています)、コストが安いと思うのですが何故か定価はFKの方が高いです。

で、FKをMZ-Lに装着するとこういう姿になります。
画像


6)*ist シリーズ どれも販売終了となりました。

*ist 純正はアイカップFM(絶版)

*istD/DS/DS2 純正はアイカップFL(絶版)
*istDL/DL2 純正はアイカップFN(絶版)

2008/12/6) 
7)”デジタル” Kシリーズ
K10D   純正 アイカップFP(絶版)
*K100D系列用のアイカップFOがメーカーサイトの販売終了アクセサリーに入っています。

K100D  純正 アイカップFO  (絶版)
K110D  純正 アイカップFO (絶版)
K100D Super 純正 アイカップFO (絶版)

K20D    純正 アイカップFP(絶版)
K200D  純正 アイカップFP(絶版)
K-m(K2000)/K-x/K-r 純正 アイカップFQ
2009/10/26 追加
K-7    純正 アイカップFR
2011/9/3 追加
K-5 純正 アイカップFR
2013/12/01 追加
K-30/K-50 純正 アイカップFR
K-3 、K-3 II  純正 アイカップFS

2015/4/23 追加更新
K-5 II、K-5 II S アイカップFR
K-S1、K-S2 アイカップFR


2008/8/3
8) 拡大アイカップ O-ME53
*istDシリーズ末期頃に追加されたパーツだったと思いますが、今回購入しました。

画像


K10D GPPのページでも述べておりますが、倍率は1.18倍なので、私は取り付けてみて直ぐに「おお、でかくなったな」と気づきませんでした。さすが節穴です。
ただ、ピント合わせが楽になった事は事実です。それだけでも価値は十分あります。

画像


で、他のカメラではどうだろう?ということでとっかえひっかえしてみました。なお、眼鏡使用です。
MZ-S ファインダー画像は十分大きくなる。しかし、下部の情報データがやや見にくくなる。ファインダーを覗く位置を心持ち少し上に振り、下を覗き込む形になる。なお、裏蓋開閉時には取り外さねばならない。
PZ-1Pファインダー画像はLX並みになり、とても気持ちよい。しかし、右側の情報データは殆ど見えなくなる。ファインダーを覗く位置を明確に少し左に振り、右を覗く形になる。裏蓋開閉時には取り外さねばならない。
MX ファインダー全視野を一度に見る事が出来なくなる(笑 

ということで、MZ-Sにはなんとか使える・・・かなと言うところです。とはいえ、お買いあげの際にはやはり一度ご自分のカメラに付けてみてから、の方が良いと思います。

以上、シリーズ毎に纏めてみました。
自分自身、店頭にあるアイカップを見て、どれがどれに使えるのかさっぱりわからない状態でしたので、これを機会に纏めてみました。
皆様のお役に立てば幸いであります。

次も「どうでもいい」?アクセサリーネタです。

2008/4/20
本文一部追加しました。
2008/8/3
本文記事、追加致しました。
2008/12/6
本文記事、追加致しました。
2009/4/12
写真を1枚追加し、本文記事も追加致しました。
2009/8/2
*写真を2枚追加し、本文記事も少し追加いたしました。
*本文中に記載したボディー等にリンクを張りました。
2009/10/26
本文記事、追加致しました。
2011/9/3
本文記事にリンクを張りました他に、少し記事を追加しました。
2013/12/01
本文記事を追加し、一部の文言のレイアウトを変更しました。
2015/9/3
FLの販売終了にあわせ、現在の状況に書き改めました。

2015/9/6 追加更新
LXについて、現行のデジ一用のアイカップで付くものはないかチェックしたところ、2つありましたので追加しました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いきなりのコメント失礼致します。
コメントにてこのような質問不適切でしたら削除下さい。

PENTAXのアイカップについてこれ以上の記事は有りませんでしたの頼らせて頂きたく書き込みました。

只今、修理も難しい事を承知でMZ-Sの使用を検討中です。
もちろんあさぺんさんのMZ-Sの記事も拝見いたしました。

主にオークションですが、色々な中古品を見ていますがアイカップがないものが多く、今や純正対応のFLもほぼ流通ないとの事で、ざっと探しましたがやはり見当たりませんでした。

このFLと互換性のあるカップは現行品でありますでしょうか。
K-5等に使用するFRは上に切り欠きもありぱっと見着きそうですが如何でしょうか。
お知恵をお借りしたい次第です。
メシア
2015/10/19 00:21
メシア様) 弊ブログへのご訪問有り難うございます。
ご質問、どうぞお気になさらず遠慮無くどうぞ。

さて、MZ−S用のアイカップですが、とりあえずテストしてみた結果です。
1.アイカップFH
本日現在、まだヨドバシカメラに在庫があります。通販もOKです。取り付けは上からスライドではなくサイドに引っかけて填め込む方法になります。視度調整レバーも爪の先でなんとか動かせます。欠点は全体的に固いことでしょうか。
2.アイカップFG
ペンタックスオンラインショップに入荷しています。他の流通在庫は厳しそうです。
目当てラバーが別にあるので当たりが柔らかいですが、FLにある欠き取りがないので、視度調整レバーが隠れてしまい、取り付け後の調整が出来ません。
3.アイカップFP
K20D、K200D用です。このアイカップはMZ−Sの裏蓋開閉に支障をきたしません。視度調整レバーは埋もれる形になるので、取り付け後は調整できません。
4.アイカップFQ
K-m、K-x、K-r用です。現行品で一番安いです。やや固めの一体型アイカップでFHと似た感じです。
裏蓋開閉時に支障しますが、両端の裾がひっかかるだけの様なので、カッターナイフ等で其の部分をカットしてしまえば大丈夫そうです(自己責任でお願いします)。
視度調整レバーは欠き取りがあるので装着後も動かせます。
*アイカップFR/FS
どちらも裏蓋開閉に支障しますし、視度調整レバーも埋もれる形になるので、取り付け後は再調整できません。

とっかえひっかえの結果は以上でした。
私のお勧めはFHとFG両方買っておくことです。FHはSシリーズやKシリーズに使えますので、今のうちです。次がFQを少し加工して取り付ける、でしょうか。
A・P(ブログ主)
2015/10/19 21:04
A・P様


大変丁寧なご対応ありがとうございます。

テストまで行って頂き感激です。
FGとFH今の内にストックしとこうかと思います。

後は良い玉のMZ-Sを見つけるだけですがなかなか見つかりませんね。
個体と一緒に使われたBG-10付きを探していますがなかなか。
出来れば店舗にて実機を確認して手に入れたいところですが置いてある所がまずなく、今はヤフオクが一番多いかなといった状態です。

今はK-5とF3を使っており、F3が借り物で伯父に返却しなければならず、代わりに前からデザインがすごく好きだったMZ-Sを導入しよういう魂胆です。個人的にはK-1の再来として新型フルサイズもこのボディで出てくれないかと思う程です。
F3からの切り替えなので良く言われるスペック面には一切不満はありません。
診てくれる病院がない事が本当に残念ですが、アイカップの件も含め、このページで貴重な情報に出会えて本当に良かったです。
改めてありがとうございました。
今後とも拝見させて頂きます。
宜しくお願い致します。
メシア
2015/10/20 01:03
メシア様)
コメント有り難うございます。
F3からMZ-Sですか。K-5をお使いなので、ペンタも初心者ではない、ということですね。
MZ-Sの基本はAポジションのあるレンズ(Aレンズ以降)なのですが、絞り環を使う前提で動作する部分(絞り優先AEとマニュアル)がありますので、そこがK-5と大きく異なると思います。ただ、この部分はF3と同じですから使い方は御存知ですよね。
確かにMZ-SとBG-10、そういう目で探しますと確かに今は見つからないですね。
まぁ1年かける気でいれば、きっと見つかると思いますので良い個体に出会えることを祈念致します。
A・P(ブログ主)
2015/10/24 17:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
アクセサリー1コめ アイカップ その2 あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる