あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 85本目 smc PENTAX - A☆ 300mm F2.8 ED [IF] / 遂にサンニッパ!

<<   作成日時 : 2011/01/29 02:02   >>

驚いた ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


ようやく入手できました。
憧れのサンニッパ、です。

初めて見たのは、銀座レモン社で、まだ昔の和光ビルの隣、4階建てのビルに入っていた頃で、2004年あたりではなかったかと。ペンタが1Fフロアから2Fに移ってしばらくした頃、このレンズが出ていました。
当時の価格は14万5千円。良く覚えてますねって? それだけインパクトがあったのです(笑

さぁそれからあまり出てきませんでしたこのレンズ。およそ2年に1回ぐらい、と言う感じでしたが他のものとかち合ってなかなか買えるタイミングに出てこなかったのです。
お値段はおおよそ15万円〜20万円の間、といったところでした。

さて、前回御紹介したK28mm F2のテスト撮影を終えて戻るついでに立ち寄った錦糸町ヒカリカメラに、このレンズが伏せて立っていたのでした。お値段128千円。
買うしかありませんw
新年早々、K28mmF2とこのレンズで21万円が飛んで行きました……
松屋では何も買えないことが確定(w


さて、それではこのレンズを見て行きましょう。
画像

このレンズにも専用アルミケースが付属していました。しかし、A☆600mm F5.6同様、このアルミバックは肩掛け出来ないのです。本当に困ったものです。


中はこのようになっています。
画像

レンズにカメラボディをつけたままでも納められるようになっています。
ちなみに、このレンズにはレンズカバーが付いていませんでした。一応プロテクターフィルターがつけてありましたが、自分としてはむき出しはいやなので、ハクバのトリコット・スエードポーチ・Lサイズを購入してレンズにかぶせてあります。

立ててみました。
画像

前面フィルターサイズは、A☆600mm F5.6同様112mm径であります。もちろん、後群に49mmサイズのフィルターを取り付けられるようになっており、SMCスカイライトフィルターを取り付けています。


フードは内蔵型ですが、A☆600mmほどは深くなく、少々浅めです。
画像



三脚に取り付けた姿。重量はカタログによれば2,970gとこれまた重量級ですので、取り扱いには注意が必要ですし、三脚もそれなりのものを必要とします。
画像

第1レンズ側の方がずっしりと重いので、三脚から取り外す際は細心の注意が必要です。


お尻から覗いた姿。絞り羽根は8枚です。
画像



A☆600mm用に購入したリュックを共用する形で持ち出そうと考えています。

2011/6/8 追加更新

先日、ようやく持ち出しました。相方はこれまた久しぶりのK2DMD銀であります。

画像

* ASAHI PENTAX K2DMD銀 1/1000 F4 Kodak SuperGold 400 SMCスカイライトフィルター
* Nikon Coolscan III ストレートスキャン 水平位置修正



画像

* ASAHI PENTAX K2DMD銀 1/1000 F4 Kodak SuperGold 400 SMCスカイライトフィルター
* Nikon Coolscan III ストレートスキャン 水平位置修正

アングルが同じなのは勘弁して下さい(^^;;
もう少し右に振った方が絵としてはいいのですが、架線柱がバッチリ入ってしまうので今回は正面がちの絵になってしまいました。もう少し場所を選定すべきですね……

どちらもPFフィルター装着のまま撮影しています。本当なら外しておくべきでしたが、すっかり忘れてました。

ファインダーを覗いた瞬間、「おー」というため息が出ました。
A☆135mm F1.8A☆85mm F1.4等の大口径レンズ同様、素晴らしい画像がそこにはありました。
F2.8という明るさもあり、K2DMDのスクリーンでも十分でありました。
F4と、一絞り絞っていますが、ボケはなかなか美しいと思います。


下り列車もありますので一脚にするか少し考えましたが、下りはA☆135mmで対応することにして三脚を使用しました。
ずんぐりしていますが、アタマがでかく重いのでやはり三脚が必須であろうと思います。

今回、上に書きましたとおり、600mm用に購入したリュックに入れて行きましたが、大きさが合わず、半分近くが余った形になりました。もう少し小さいリュックを買った方がよいのかも知れません。

なかなか良さげな絵が撮れそうです。場所を選ぶ必要がありますが、もっと使ってみたくなるレンズです。

2012/2/7 追加更新
久しぶりに行ってみるか、ということで柏駅に行ってみました。

画像

EF510 500番台の投入により、もうEF81は走ってないのかな?と思ってましたが、今日は95号機がやってきてくれました。実は最初に600mmをテストした時にも95号機が来たのですが、イマイチでした……
PENTAX LX黒1号 1/1000 絞りF5.6  Kodak SuperGold400 SMCスカイライトフィルター(Kenko MC Protector Professional 装着)
* Nikon Coolscan III アンシャープマスク50% 

正直、この場所で300mmでは足りませんでした。最低でも400mmは必要です。もう一つ問題は、事実上1人しかスペースがないこともあります(この日は2番手でした)。バランス的にはもう少し右に振るべきなのですが、そうすると柱が入ってしまいますので苦しいところです。

2011/6/8 追加更新
作例2枚、並びに記事追加致しました。
2011/6/11 更新
作例写真の水平が狂っておりましたが、フォトショップが起動せず修正できませんでした。本日また起動してみましたところ、無事起動しましたので写真の修正を行い再up致しました。

2012/2/7 追加
作例1枚及び記事を追加しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてコメントします。すーさんと申します。
専用アルミバックは、肩掛け用の金具が付いているものが存在します。相違点は、
1.上面の赤いPENTAXロゴがなく、黒文字で、
  smc PENTAX
A☆300mmF2.8ED(IF)
  と書かれてます。
2.アルミバックの角が黒いプラスチックになっておりま  す。
3.幅4CMのストラップ金具が前後についております。
4.S/Nは、59587XX です。
5.当時、新品でヨドバシカメラで買ったものですので改  造品ではありません。
このレンズを買った半年後にFA☆版が出てしまいちょっと残念だった記憶があります。
すーさん
2016/07/01 10:44
すーさん様)
こんにちは。コメント有り難うございました。
貴重な情報を頂きましたのにお返事遅れてしまってすみませんでした。
大型レンズのアルミバックが改良されていたと言うことなのですね。
そもそもアルミバックでキャリングベルトがない設計自体、どういう思想だったのか謎ですけれど。
ケースにシリアルナンバーが付いていたことも驚きです。
サンニッパについては、この手の大口径超望遠レンズの中でおそらく一番売れたものと思われますのでアルミバックも改良品が出たのでしょうけれど、ヨンニッパやロクゴーロク等は受注生産でしたからアルミバックの変更はあったのかどうか、気になるところではありますね。
貴重なお話を有り難うございました。
A・P(ブログ主)
2016/07/06 07:27
S/Nですが、レンズ本体のものです。言葉足らずで申し訳ありませんでした。そちらの個体との比較できるように記載しました。
すーさん
2016/07/06 11:17
すーさん様)
再度のコメント有り難うございます。
ナンバーについては当方の早とちりでしたか。失礼しました。
なお、当方のナンバーは随分と飛んでまして、56854XXであります。当方の番号が若いので、アルミバックの改良が行われていることの裏付けになりました。
ただ、このナンバーの差はどう解釈すべきでしょうねぇ。
たぶん、そのままの差では絶対にないと思います。
A・P(ブログ主)
2016/07/10 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
85本目 smc PENTAX - A☆ 300mm F2.8 ED [IF] / 遂にサンニッパ! あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる