あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 90本目 smc PENTAX 200mm F2.5

<<   作成日時 : 2011/12/03 15:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

11月は遂にブログ更新がなく、ご無沙汰致しておりました。
資金上の問題で、ずっと新しいブツへ投資できず、今回ようやく久方ぶりの増備であります。
またまた「今さら」のKレンズ、200mm F2.5です。

画像


スタイルとしては以前に書きましたsmc PENTAX-M☆ 300mm F4と同じく、前に大口径レンズを持って来て明るさを稼ぐタイプであります。
既にMレンズシリーズがデビューしているのに"M "が付かなかったのは、F2.5という明るいレンズが200mmに登場したのはこのレンズが最初であり、区別する必要がなかったからだろうと思われます。同じようにMが付かなかったレンズにはsmc PENTAX 24mm F2.8等が存在します。


早速見て行きましょう。
まずはいつものようにフロントから。フィルターサイズは大口径77mmです。
画像


このレンズは円偏向フィルターが装着可能です。よく見ると、組み込み式フードとの間にスペースがあるのがお解りになりますでしょうか?

M☆300mm F4と並べて比較してみます。
画像


右がM☆300mmF4です。M☆はフードとフィルター取り付け枠との間がほとんどキチキチになっているのに対し、左の200mmF2.5には余裕があります。
最大直径で200mmF2.5とM☆300mmF4とでは5mmの差があり、それはこの部分だと思います。
よくわからないのは、M☆の方が4年も後のデビューであることです。なぜ後からデビューしたM☆は円偏向フィルターを取り付けできない設計(ミスと言って良いかと思いますが……)になってしまい、フードを別売するようなみっともないことになってしまったのでしょうか?


お尻からです。見にくいですが、絞り羽根は8枚です。
画像


ごくごく小さいながらもフレアカッターが存在します。
画像


レンズフードは組み込み式ですが、例によって浅くあまり役にたたないレベルでしかありません。
画像



さて、このレンズ、一見するとM☆300mm F4あるいはA☆300mm F4と似たスタイルのために勘違いしやすいのですが、実は並べてみますと遙かに200mmF2.5の方がばかでかいのです。
M☆300mmF4のEDレンズ使用による小型軽量化(バランスは悪いです)は大したものなのですね。
*どちらのレンズにもSMCスカイライトフィルターを装着しました。
画像



右が、smc PENTAX-M☆ 300mm F4であります。胴回りも長さもかなり違います。
200mm F2.5 長さ145mm 重さ950g
300mm F4   長さ132mm 重さ825g

K2DMD1号機に付けた姿。
画像



いつもの大型フードを取り付けてみました。
画像


ケラレはなさそうです。


さて、この200mmF2.5は結局次のA☆200mm EDでは明るさがF2.8に落とされてしまい、その後のFA☆、現行のDA☆でもF2.8というところになっており、旭光学・ペンタックスの200mmレンズの歴史の中では唯一のものとなっています。
そのせいかどうかわかりませんが、比較的見ることの多い大口径望遠レンズですがお値段は一時期は5万円台と高価格を維持しており、最近でも4万円を切ったあたりで売れてしまいます。
このレンズですが、後玉の内側にカビがありました。道理で通常より1万円ほど安いわけです。早いうちに写真レンズ工房さんにメンテに出す必要がありそうです。


ファインダーを見た限りでは、やはりスプリットではほんの僅かですが赤の色収差が見えます。おそらく、ですがそれほど影響はない……かもしれません。撮ってみないと何とも言えませんが。

これで200mmもなんだかんだとKのF4/F2.5、MのF4A☆のF2.8と揃ってきてしまいました。AのF4、FA☆のF2.8というのは今もまだ高価ですし、もう揃えることはないでしょうけれど(笑


2012/3/31 追加
本日、写真レンズ工房さんから無事戻って参りました。28日夜に出して29日朝到着、その日に作業されて30日朝引き取られて本日31日朝到着でした。相変わらず素早い作業に深く感謝であります。
*カビは1カ所・清掃 ……カビ跡は幸いな事に今は全く見えません。浅かったようです。
*絞り環オイル入れ替え……動作では問題なかったが分解してみたらオイル切れ状態だったとのこと。確かに今絞り環を弄りますと、前よりも遙かにずっしりと手応えのある重さが感じられます。
こういう感触が今のレンズから消えてしまったのは寂しいことです。
*ピント位置修正……無限大でのピントは設計基準値と比較してマイナスアウト(規格外)で、プラス0.05の理想値に修正したとのこと。解像度チェックでは大変良い状態と。撮影が楽しみですが、本日の天候は大荒れ……。


ペンタユーザーで良かったと思うことは、メーカーのみならず、そこを退職された方の中に自らメンテの工房を開かれていらっしゃる方がいて、我々ユーザーは今なお素晴らしいメンテナンスを受けることが出来る、ということです。
願わくは、その技術・技能が後世に伝えられますことを……。

2012/5/8 写真追加
2012/5/16 更新<写真を修整しました>

ようやく撮り切りまして写真が出来てきました。

画像


* ASAHI PENTAX KX MOTOR DRIVE 1/1000 絞りF4 Kodak Supergold400 SMCスカイライトフィルター
* Nikon Coolscan III トーンカーブ修正
*暗かったので明るめに修正しました。



画像


* ASAHI PENTAX KX MOTOR DRIVE 1/500 絞りF4 Kodak Supergold400 SMCスカイライトフィルター
* Nikon Coolscan III トーンカーブ修正
*暗かったので明るめに修正しました。



やはりF2.5という明るさは強いです。ボケもそう悪くありません。
発色はいわゆる大人しめのKレンズではなく、パンチのあるAレンズのタイプのようです。いかんせん早朝の光線状態が難しい時なので、数回の撮影・1本のネガフィルムで断定するのもちょっと気がひけますけれど(苦笑

さて、これで200mmは4本もあるわけで使い分けが大変です……



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
やっと登場しましたか。
80年ごろに純正テレコンとセットで買いました。トータル10万円を10回の月賦(笑)で。
今でも持ってますが、重くて大変です。三脚座が無いので、MXに着けて三脚に載せると折れそうです。
手持ちではピントリングが重いので前玉を人差し指で支え、残りの指と親指でピントリングを回します。
kaz3
2011/12/08 11:48
kaz3さま)
コメント有り難う御座います。
お返事遅くなりまして済みませんでした。
80年頃、と言うことは、登場して少し経ったあたり、でしょうか?今なお最初のオーナーさんの元にある幸せなレンズですね。
MXもそうだと思いますが、他のボディでもレンズの絞り環がボディ下のラインよりはみ出すので、ワインダー・モードラもしくはワンタッチシュー等を付けないとボール運台以外では三脚に付かない可能性が高いですよねー。
ピントリングの重さについては、この個体はちょうど良いくらいで、自分のA☆200mmF2.8より重く、M☆300mmF4よりは軽いです。早くカビ取りに出さなければ(苦笑
A・P(ブログ主)
2011/12/10 12:40
MXの場合、絞りリングは他のレンズでも厳しいですね。
たしか、MXには白色の樹脂製の穴空き円盤が付属してました。三脚につけるときにかさ上げするためのものです。

ピントリングの重さは個体差もありますが、ヘリコイドが前玉の重さに負けちゃっているんです。
なので、前玉を支えると正常になる・・・(笑

MXもMEもボロボロですが手放すことは無いでしょう。
このレンズは使用頻度が低いのですが、当時苦労して購入したので大事にしてやります。
kaz3
2011/12/11 19:59
kaz3さま)
またまたお返事遅れましてすみません。
ありましたね、樹脂の円盤w
これ、LXにも付いてました。ニコンのFM/FE系にも似たようなものがありましたけれど、あの辺の小型軽量モデルには必需品だったのかも。
>前玉を支えると正常になる
よくわかりますw

MEは健在でいらっしゃいますか?
当方のものはたぶん2台ともアウトでしょう……
A・P(ブログ主)
2011/12/14 20:38
このレンズ、フィルター径77mmなのでFは計算すると2,597となります。
JISではこの誤差は許容範囲なのでF2,5としていると昔の天文ガイドという雑誌に載っていました。
てんりMH784
2012/10/25 21:17
てんりMH784様)
コメント有り難うございます。
本来ならF2.6になる、と言うことでしょうか?
F2.6ではなんとなく中途半端というか、インパクトないですね(苦笑
A・P(ブログ主)
2012/10/28 18:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
90本目 smc PENTAX 200mm F2.5 あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる