あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 第63号 PENTAX K−3 Premium Silver Edition

<<   作成日時 : 2013/12/01 23:40   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

買ってしまいました。(このフレーズで検索されて訪問される方がいらっしゃいますもので)
金曜日に無事、到着致しましたが、当日は後援会と会食があり、持ち帰ることが出来なかったので自宅でじっくりと見たのは昨日になってからです。

画像

外箱にボディ写真がプリントされたのはK20Dチタンカラー以来ではないかと思いますが…?

箱を開けますと、
画像

説明書がなく、いきなりボディとバッテリーグリップ、特製ストラップが見えます。
今までは内箱カバーが折りたたまれてスペースを作り、そこに取説・保証書・CD−ROMが入っていました。
K−3はボディを入れた内箱のその下に取説等が入っています。

とりあえず主だったものを取り出しました。
画像


バッテリーグリップは先のK−7&5の limited silverも、K−5 silver special editionでも同色のものは準備されませんでしたので、こちらもK20D titan color premium kit以来のものとなりました。
特製ストラップは形式入りですから、こちらはK10Dグランプリモデル以来でしょう。
バッテリーグリップ同梱となったためか、リチウムバッテリーは2個準備されており、これはユーザーにとっては大変助かります(コストに入ってますけれども、ね)。

さっそくおなじみのDA☆16-50mmを装着。
画像


新しいリミテッドズーム、非常に気になりますねぇ。ただ、さすがにコレ買ってしまうと10万クラスのレンズはしばらく手が出せません…。

銀リミレンズをつけたイメージとして、DA70mmを装着してみました。
画像

合わせてあると言うことですが、ほんのわずか違います。ま、材質の違いもあるわけですから仕方ないですね。


持ってみた感触ですが、それほど違和感は感じません。
どうだ、なんかあるか? と言う感じで何度も繰り返しK−5と交代で握ってみましたが、強いて言うとややボディグリップは太く感じますが、そう大きく変わったようには思いません。やぱりペンタの一眼です。

後から。
画像

第一印象は、「モニターがでかい」でした。
まだ防護フィルムを購入していないのですっぴんですが、指の油が付きにくいな、と言う感じがします。
遮光ルーペ、このサイズで付くものありましたっけねぇ(屋外で液晶を見る場合にはこれに敵うものはありません)
また拡大アイピースとの干渉もありそうです。

画像

RICOHの文字がちと違和感を感じますねー。
HOYAの時は、底蓋(というのか?)のメタリックシール部分に" HOYA CORPORATION "と小さくあっただけですが、RICOHになってからはこの部分に "PENTAX "ではなく"RICOH "と明確に記載されるようになってしまいました。
まぁ、RICOHからすれば、本体のブランドが無かったわけではないのにもかかわらず吸収したペンタのブランドを使わざるを得なかったわけで、ここぐらい入れてくれてもいいじゃないの、とかいう気持ちがあったんでしょうけれど、ねぇ。

さて、目に付いたのは、ファインダー右側にある視度調整のギザギザダイヤルであります。
今までのモデルはなんとSFXにまで遡る、横スライドで視度調整を行うタイプでした。唯一違っていたのは最後のフィルム一眼レフ、*ist だけが同じ(もう少しチャチい)円形ギザギザダイヤルでした。
かくして今回のK−3はまたもや新形式のアイカップとなり、アイカップFSという形式になっています。
(それまでのアイカップFRはK−7K−5,K−30,K−50に共通)
*アイカップのページにデータを追加しておきます。

さて、今度はK−5と並べてみました。
画像

*スペースがないので、今までのようにドーンと見せびらかすことが出来なくなってしまいました(笑)

こうしてみると、K−5の向かって右側、機能ダイヤル側はかなり窮屈に見えるのですが(機種名のプリント部分等)、K−3は少し余裕が生まれています。この辺はマイク端子がついたこともあるのでしょうか?
ペンタプリズム部分は若干K−3はスマートに見えます。
向かって左側、グリップ部分のえぐり形状、シャッターボタンの位置が異なっています。この辺はまだ使っていないのでなんともいえません。

画像

なんとなく、バッテリーグリップは黒でも良かったのでは?という気がします。ま、昔のモータードライブやワインダーは全て黒でしたから、それに目が慣れているからかもしれませんけれど……。


この後、まずは液晶防護フィルムを貼り付けること、拡大アイカップを増備するかどうか(今までは使い回してました)、そしてストラップです。
自分の性分として、限定ストラップはもったいないので(笑)使わず、今まではプロストを使い廻してきたのですが、先日のK−7の復活でこの前提が崩れました。
で、今出ているファッションストラップもよさげなので、珍しく新品を買おうかと思ってます。

出撃準備が出来たらこのページに追加致します。

2013/12/22 追加
このモデルですが、まだマップカメラとフジヤカメラには在庫があるようです。

さて、ストラップですが、買ったヤツはこのK-3にはちと合わないので、結局出番がなく仕舞い込まれていたプロスト改を使うことにしました。写真は後ほど。
バッテリーも2個とも充電完了してますが、いまひとつ撮影に出ようと言う気が起きませんw
もう少しお待ち下さい。

2014/1/5 追加更新
年末年始のお休みに持ち出してみました。

で、その前に。

USBケーブルがなんで入ってないのよ!?

あれ、欠品かしら?と思って取説を見てみたら、同梱されていないのです。
で、中を読むと、「市販のUSBケーブルをお使い下さい」だと。メーカーでは準備すらしてないらしい。
(ま、入ってなかったらPCアクセサリーショップで買いますもんね)
今までのカメラには入ってたんですが、くだらないところをケチらないで頂きたいものです、リコーさん!
しかも、このカメラ、今までとソケットが違い、今までの2種類あるUSBケーブルはどっちも入りません。
(やってみましたが入りません)
アンケートに書いておけば良かった……。
カードリーダー使えって? はい、そうしましたけど。

さて、レンズは当方の虎の子DA☆の2本です。
で、AF-Cへの切り替え方が判らず(爆笑)、全部AF-Sで撮るハメになりました。ピントはテストということでAF27点(デフォルトのまま)です。

結果、後追いではまずまず、肝心の向かってくる場合はうーむ(被写体ブレの可能性もありますが、1/1000でブレるかなぁと言う気もします)というものでした。まぁAF-Cでないと辛いのは事実なので、この点は保留です。

いつもの役にたたない作例w

レンズ:DA☆ 50-135mmF2.8 ED [ IF ]
後追い。
画像

95mm相当 1/1000 F2.8開放 マニュアル露出 ISO400相当 AWB SR SMC UVフィルター AFポイントは中央。

これは向かってくるもの。
画像

135mm相当 1/1000 F2.8開放 マニュアル露出 ISO400相当 AWB SR SMC UVフィルター AFポイントは中央。
*後ピンのようにも見えますが(電車の向こう側の砂利にはピントがあるようにも見えます)よくわかりません。
被写体ブレですかねぇ……


レンズ:DA☆ 16−50mm F2.8 ED AL [ IF ]
後追い。
画像

50mm相当 1/1250 F5.6 マニュアル露出 ISO400相当 AWB SR SMC UVフィルター AFポイント無し(笑)
*この時、フォーカスが無反応になり(多分レンズの問題)、レリーズ出来なくなったことから、AF-S調整をレリーズ優先にした為と思われます。

向かってくるもの。
画像

50mm相当 1/1250 F5.6 マニュアル露出 ISO400相当 AWB SR SMC UVフィルター AFポイントは中央。

とはいえ、今までのK−7やK−5でAFを用いての鉄道走行写真は実際の所ハナから撮る気がなかったのですから、それを考えれば素晴らしい性能アップでしょう。持ち出してもいいかなと思う出来です。
とりあえず、信頼性はGoodですね。

その他)

新しいDA limited zoomですが、予想外に軽いのでびっくりしてしまいました。
持ち運びを考えれば軽いのは絶対的に良いことなのですが、ちょっと拍子抜け……

話題のNikon Df。 かつてのF3 HPを思わせるボディですが、これもまた予想外に軽い。
50mmF1.8レンズが軽いこともあるかもしれませんけれど。
ファインダーが大きくて、いやー、やっぱりフルサイズはいいもんだなと(苦笑
非Ai Nikkorレンズが装着出来るのはいいことですが、いい絵が出来るかと言えばちょっと不安。
メーカータマ切れのため、予約をお勧めしますとの張り紙。明るい話題ですね。

2014/1/16 更新

新ネタ3件です。

1.昨年12/19付けでファームウェアのバージョンアップがリリースされています。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/support/download/digital/k3_s.html

<バージョン1.01>
*HDR撮影における、合成時間の処理時間短縮
*位相差AF使用時の、動体連写性能を向上
*ライブビュー時の拡大表示時間を延長
*全般的な動作安定性の向上

とのことです。
当方のK−3PSEは先ほど無事1.01へバージョンアップ致しました。

2.K−3デビューキャンペーン プレミアムプレゼント

えー、当然の事ながら応募致しておりまして(汗
無事、オリジナルストラップとフォトグラファーダイアリーが本日届きました。
写真は後ほど(というか、既にオークションなどに出てますね、これ)

3.雪中撮影

先日、雪の中撮りに行きました。
しんしんと雪が降る状態で、外気温はおそらくマイナス3〜4℃といったところ。
外に出していた時間はせいぜい20分程度でしたが、何事もなく動作しました。

画像


レンズ: smc PENTAX-DA☆ 50-135mm F2.8 ED [ IF ]
50mm相当 ISO400 マニュアル露出 1/1000 F3.2 SMC UVフィルター AWB AF-C SR

今回はAF-Cにての撮影です。正直、AF-Aとどっちを選択しようかと悩みましたが。
AFセンサーの動きを見ていましたが、トンネルを抜けて向かってくるヘッドライトには全く反応せず、センターのまま動きません。仕方なく自分でカメラを動かしてセンサーをEF81の顔に合わせていたのですが、シャッターを切る瞬間にヒョイと1コ上に上がってしまいEF81の顔ではなく屋上機器の抵抗器カバーを選択したので、正直「うそ!」と思いましたねー。ま、もしかすると雪を拾った可能性も無いとは言えませんが……。
こういう悪天候ですと、フィルム一眼の大きなファインダーで置きピンしてシャッターを切った方が良かったですが、ボディはLXで良しとしても、レンズの防水問題が出てきますのでねぇ……以前痛い目に遭ってますもので。
キャッチインフォーカス、と言う手もあるのですけれど。
もう一度、でも今度はLXで出撃するべきかなぁ?
(2014/3/11追加:LXチタン、LX黒チタン、LX2000を持ち出してます。ファインダーがでかくてピント合わせが楽ですw)

2014/3/11 追加更新

ファームウェアの更新が3/6にリリースされました。
(他にK-5II、K-5IIS、K-5K-7、K-50、K-30、K-01、K-r)
これは、上記各モデルに共通で、
*HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW に対応
*全般的な動作安定性の向上
したものだそうです。
ということで、早速ver.1.03へバージョンアップ致しました。


で、リコーイメージングになってからのウェブサイトの問題がひとつ。
今までのペンタのサイトでは、ファームウェアのバージョンアップは必ず「お知らせ」という形でトップページに記載されていました。ところが、リコーイメージングになってから、このファームウェアのバージョンアップについてはトップページに記載されなくなっているのです。
とんでもないサービス低下です!
もちろん、「サポート」のタブをクリックしてそこへ飛べば出てくるのですが、別にファームウェアのバージョンアップは恥ずかしいことでも事故でもありません。ユーザーにわざわざ一手間掛けさせて、「バージョンアップしてるかな」という確認をさせる、というのはどこかピントがずれてるとしか思えません。

(現在、”お知らせ”の部分にアップデートのリリースが出る様になっています)


それと、今回のAFコンバーターですが、K-r以前のモデルにはファームウェアのバージョンアップが準備されていません。K-xK-mK20DK10D、そして*istDシリーズでは使えない、と言うことでしょうか?

*リンク貼っててわかりましたが、結構自分の持ってるカメラに該当してますね(泣
どうなんでしょうねぇ……
まぁK-xやK-mのようなモデルでリアコンバーター使うような人いるのか、という気もしますけれど、メーカーがそれ言ったら終わりですしねぇ。ま、ここらがデジものの泣き所でしょう。
マウントは同じものなのに、古いモデルではソフトウェアが対応出来ずに使えないものが出る(可能性がある)というのは。
このAFコンバーターを買ってみないとそこらへんが本当にどうなのかはわかりませんが。

2014/8/10 追加
ファームウェアの更新がちょうど1ヶ月前の7/10にリリースされています(汗

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/support/download/digital/k3_s.html

*レンズ補正に回折補正を追加。
*デジタルフィルター各種及びフリンジ補正の処理時間を短縮。
*AWB(オートホワイトバランス)動作について、安定性の改善。
*TAvモード時の露出ブラケットでISOブラケットになるように変更。
*全般的な動作安定性の向上。

だそうです。これでバージョン1.10になるとのこと。
早速自分も更新します。

2014/9/7 追加
本日、三沢航空祭に出撃しましたが、スタート早々暴走しました(苦笑
AFアダプター1.7Xにsmc PENTAX-A☆ 300mm F2.8 ED [ IF ] を装着して、何度目かの連写をしたところ、

「バシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ」とミラー?とシャッターが暴走したのでした。
電源スイッチを切っても止まりません。
そのうちに、メモリーカードのデータが満杯になったのでしょうか、突然止まりました。
電源スイッチを入れて肩の液晶をチェックすると、バッテリーチェッカー(満タン状態)のみ出てきて起動しません。
K-5 SSEと同じトラブルのように思えます。
バッテリーグリップを外して、ふたを開けて電池を取り出して再度入れ、バッテリーグリップをつけ直して電源スイッチオン!

通常通り再起動して、その後問題は起きませんでした。
なお、SDカードを確認すると、問題の発生食前のコマは無事で、何らかのデータで満杯ということもなく、撮影続行が可能でした。
同時に持ち込んだK-5 SSE も動画撮影中に何度もオーバーヒート(?)警告表示が出てヒヤヒヤものでした。

2014/10/25 追加

2ヶ月前(!)の8月22日にファームウェアVer.1.11がリリースされてました。
@Ver.1.10において、内蔵フラッシュを使用した後の撮影でシャッタースピードの Exif データが更新されない現象を修正
Aまれに発生するシーケンス異常動作を検知した場合に、自動的に動作をリセットする機能を追加
*自動リセットが作動したときは、直前の設定変更が保存されない

この2つめの内容が、いわゆる「暴走」のことでしょうか。これを入れておけば三沢で暴走せずに済んだかもしれません。
とにかく入れておいて損はなさそうです。

K-5の方はVer.1.16以降リリースがありません。対応されてるのでしょうかね。

2015/4/16 追加

4月15日、ファームウェア Ver.1.20がリリースされました。

@新しい下記のレンズ3本、
HD PENTAX-DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE
HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW
HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AW
の動作に最適化。

A新しいレンズ、
HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW
のAFボタン、プリセットボタン機能に対応。

B全体的な動作の安定性を向上。

だそうです。
DFA☆70-200mmにはAFボタン、プリセットボタン機能はないのかしら。

というか、こう書かれるとK-3以前のK−5やK−7では何か問題出るのかな、って思ってしまいますよね。
18-50REは古いK-xに付けようと思ってる訳ですし(笑

2015/5/31 追加更新

5月28日、ファームウェア Ver. 1.21がリリースされました。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/support/download/digital/k3_s.html

内容は、
@ Ver.1.20において、ステータススクリーン設定を「画像モニターオフ」に設定した際に、シャッターボタンまたはAFボタンをオン → オフすると背面液晶のバックライトが点灯する現象を修正しました。
A全体的な動作の安定性を向上しました。

バグ、でしょうか。その修正、って事のようです。
自分のはまだVer. 1.11でしたので、このトラブルには気がついておりません。


2013/12/8 追加
*本文記事のボディ・レンズの各機種にリンクを張りました。
2013/12/22 追加
*本文に少し記事を追加致しました。
2014/1/5 追加
*本文記事の追加及び写真を4枚追加しました。
2014/1/16 追加
*本文記事の追加及び写真を1枚貼りました。
2014/3/11 追加
本文記事を追加致しました。
2014/8/10 追加
本文記事を追加致しました。
2014/9/7 追加
本文記事を追加致しました。
2014/10/25 追加
本文記事を追加しました。
2015/4/16 追加更
本文記事を追加しました。

2015/5/31 追加更新
*本文記事を追加しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

買ってしまいましたか。(^^)
まあ、ペンタ党であれば、当然かもしれません。
お触り会でのメーカーの力の入れようを見ると、期待感は大でしたから。
私も欲しいのですが、懐が許してくれません。

K−5Uで唯一残念な点が動体性能なので、実践結果を気長にお待ちします。
それ次第では、私も一気に物欲が沸くことになるでしょう。
M42沼
2013/12/05 11:40
M42沼さま)
お返事遅くなりました。
コメント有り難うございます。
はい、買ってしまいました(滝汗
とりあえずストラップも付けましたので出撃可能になりました。ターゲットを考慮中ですがちと悩ましいところです。
A・P(ブログ主)
2013/12/08 14:57
こんにちは。初めまして。こちらのブログは時折拝見しており、楽しみにしております。
当方15年ほどペンタユーザーをやっている者です。一時ニコンに乗り換えていたため、コレクションしたボディやレンズはかなり処分してしまいましたが、仕事の関係もありPSP会員にもなっています。

さて、A・Pさまが今回K-3PSEに付けていらっしゃる「プロスト改」ですが、これは改造品でなく正規品かと思われます。

PSP発足時に制作されたプロストですが、当初は「PRO」印のある中判用が用意され、のちに35mm判用としてこのタイプのものも用意されました。PSP会員に配られたかまではわかりませんが、当方はPENTAX FORUMで購入し現在もK-3で使用しております。

レンズ用はあったのでしょうか? 当方は記憶にございません。
イチカワ
2014/10/04 22:05
イチカワ様)
コメント、いや貴重な情報を頂きまして誠に有り難うございました。
あのストラップはやはり本物なのですか。改造にしては非常に綺麗にがっちり出来ているな、とは思っていたのですが、なんせPROタイプしか見たことがなかったので、そう推測したのですが。早速ストラップのページを修正することに致します。
それからレンズ用のプロストラップですが、やはり無いのでしょうか。
あれからかなり時間が経ちますが未だに一度も見たことがなく(オークションその他)、これについての情報も全く出てこないので、正直ぐらついていたのは事実です。書いた当時、どなたかのサイトに記載があったので疑いもなく当方もそう書いた……はずなのですが、ううむ……
A・P(ブログ主)
2014/10/05 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
第63号 PENTAX K−3 Premium Silver Edition あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる