あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 第64号 PENTAX K−3 PRESTIGE EDITION

<<   作成日時 : 2014/09/22 22:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


買ってしまいました。
今までの例から、必ずいくつかの店ではキャンセルによる余剰玉(あるいは見込み発注?)によるブツが出るであろうと予想しておりました。
とはいうものの、8月29日発売(8月8日から延期された)よりしばらくは注意していたものの、特に動きがなく今回は余剰は出なかったのかなーと思い、つい先日まですっかり忘れておりました(苦笑
で、その先日、何気なく価格.comを見ていたところ「在庫あります」というお店があるのを見て、そういやどうなってるだろう、といくつかのお店を見てみましたところ、マップカメラに在庫があることが判明し、速攻で発注したのでありました。

2014年のTIPA BEST DIGITAL SLR EXPERT 受賞記念のモデル、ということです(リリースに書いてあるw)
箱を開けると、リコーさんからのメッセージ。
画像


" OUR PROMISE
Wish to be a companion to form important moments in your life.
Always with you.
thank you for choosing Ricoh Imaging. "
「私たちのお約束
あなたの人生における貴重な瞬間を作る伴侶になりたい。いつもあなたと一緒に。
リコーイメージングを選んでくれてどうもありがとう」

いやぁ、キザったらしいお言葉ですが、まぁ悪い気はしません。
…が、旭光学であればこんな事言わなかったでしょうね。リコーの文化でしょうかね。
それより、見捨てられないようレンズの拡充頼みます、と言いたいところです、はい。

で、取り出しました。
画像


鈍い半光沢の、わずかに緑がかったガンメタ色ですが、この辺は蛍光灯の影響を受けている可能性もあります。
メーカーの公式写真とはちょっと感じが違います。
正面から。
画像


どこかで似た感じのカメラあったなぁ、と思ったら、PENTAX P30Tがこういう色を纏っていました。もう少しアチラは明るかったような気もしますが。

画像

間違いなくK-3であります。
シャッターボタンがつや消し黒になってますが、これはオリジナルと同じようです。(当方はK-7以来全機が銀ボディであり、オリジナルの黒を持っていません)

バッテリーグリップ D-BG5を装着。もちろん同じガンメタカラーに塗られています。
画像


オリジナルストラップ。
品番O-ST1403 とのことですが、限定モデルとある通り、カタログにはありません。
画像

合成皮革だそうですが、質感は残念ながら安っぽいです。
収納のため折り曲げられている部分には目一杯シワ入っちゃってますし(泣
"2014 TIPA BEST DIGITAL SLR EXPERT"の文字と"PENTAX K-3" のロゴマークはプレスによるもので、撮影に苦労しました。
この辺は昔のストラップの方がはるかに手がかかってました。まぁグランプリだったらもっと立派なものが付いたのかもしれませんが、やっぱり残念です。
さて、自分はどれをコイツに付けようかしらん……

画像

K-3 Premium silver Edition と並べてみました。
雰囲気違いますよね。
K-3 P.S.Eに付いているレンズはFA☆ 28-70mm F2.8です。テツで使ってみたら、結構使いやすい標準-中望遠レンズとなりました。

これでK-3が2種類2台となりました。
うーん、これでK-5 Silver Special Edtion は引退でしょうか。

2015/6/7 追加更新

先日、また不注意でK-5 S.S.E. & DA☆ 16-50を落下させてしまい、重修理となりました(ヘタすると全損?)
トホホ……(号泣)

ということで、ようやくこのモデルに出番が廻って参りました。
画像


バージョンアップも行いまして、現在Ver.1.21となっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
箱のメッセージですが、ペンタックス株式会社最後のコーポレートスローガンだった"For your precious moments"を思い出しました。
bgtree
2014/09/22 23:54
bgtresさま)
コメント有り難うございます。
そう言えばそんなの聞いたことあるような、で調べてみました。2002年10月に旭光学からペンタックスに会社名を変更した際に、併せて発表されたスローガンなんですね。
丁度一回り前、まだ*istDは出ていない時代ですねぇ。
A・P(ブログ主)
2014/09/24 00:12
1度、書いてみたかった言葉があります。

買ってしまいました。

無論、ノーマルのK−3ですが。
予備バッテリーやSDカードをコツコツと集め、グリップも中古を見つけて同時にゲットです。

こういった特別バージョンはK10Dのみ所持していますが、コイツはパッと見、通常モデルと大差ないので。
銀モデルはたまに街でも見かけますが、ペンタ党故かもしれませんが、強烈に目立ちますね。(K−7やK−5等)
M42沼
2014/12/10 20:52
M42沼さま)
コメント有り難うございます&K-3ゲットおめでとうございます。
「買ってしまわれた」んですね?
あの、ニュアンスからしますと、ボディは新品で必須アクセサリーは中古で揃えられた、ということでしょうか?

昔はレギュラーがクロームシルバーで、ブラックボディは別格、というような感じだったのですが、何故かデジ一ではブラックボディが標準になっちゃってますよね。
DAレンズが緑リングなので、ペンタユーザーは結構一目でわかることが多いんですが、銀ボディも他社では珍しいので目立つ方だと思います。
K10D GPP、春にユーザーさんお見かけしました。PENTAXロゴが黄色(金色?)なのでわかりましたよ。(レンズはタクマーを装着してました)
A・P(ブログ主)
2014/12/11 21:57
1度、ペンタ党員らしき方々がいらっしゃいまして、銀BODYと銀レンズのオンパレードでした。
4〜5人でしたが、銀率が異様に高かったことが印象に残っています。

繰り返しますが、K−3を買ってしまいました。
無論、新品です。
が、乏しい財力が災いして、グリップや予備電池は中古調達と相成りました。

フィルムカメラ時代は、黒ボディは銀ボディより数千円高い設定でしたね。
古いところではSPのアクセサリーシューも、黒のほうが白より数百円高い設定でした。

ペンタックスは使いは、自分が好きなこともありますが遠目で見てもすぐに分かります。
街中で全く見かけないのがK−01です。
Q系はたま〜に見かけますね。
たまに3機種とも持ち出す自分って一体・・・。

今後は4機種持ち出すことになるのか・・・。

早くK−3の本格的な試写をしたいです。
それと、新品で購入した初シャッターは、K−5UとK−3ともにカウントが1でしたが、そうでないという話も聞きます。
(それまでに、空シャッターは1度も切っていません)
皆さんは、どうでしたか?
M42沼
2014/12/12 20:17
M42沼さま)
お返事大変遅れましてすみませんでした。回線トラブルがずっと続いてまして、先日ようやくNTT側の問題ということが判明しまして、平常に戻りました。
サポートの電話代とかルーター更新費用(する必要なかった)なんかどうしてくれるんでしょうね……

さて、シャッターカウントについては全く気にしてませんでしたのでどうなんでしょうね。今まで買ったモデルはどれもノーチェックでしたw
このプレステージモデルはまだ本格投入してないのでチェックしてみます。
A・P(ブログ主)
2014/12/18 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
第64号 PENTAX K−3 PRESTIGE EDITION あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる