あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS PENTAX Full Frame / 2016年春 デビュー (続報)

<<   作成日時 : 2015/11/30 22:35   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 15

ペンタックスの公式サイトにあるフルフレームモデルのティーザー頁が本日改訂されました。

http://www.pentax.com/jp/pentaxff/

で、そのバックに鎮座するカメラボディの輪郭が少しはっきりしました。
画像



ちなみにCP+2015の時の公式写真ではこうでした↓
画像


向かって軍艦部左側にダイヤルが2個増設されています。
また、グリップの造形にシボが入り、リモコン受光部(セルフタイマー動作ランプでもありますが、セルフタイマーもやっぱり付いてるんでしょうか?)も設けられましたので、この辺はもう確定でしょう。
グリップについては、またペンタお得意の違うバージョンが設定される可能性がありますけど。

モデル名の部分は当然暗くなっており見えません。
なお、PHOTO PLUS in N.Y.で展示されたモデルはシール貼りされていたそうなのですが、そのシールが少し剥がれてしまい、めざとく見つけた人が真上から撮った写真が出ておりまして、それによると「K−1」と読めるんですが……さて、どうでしょうね?

2016 Spring Debut とあります。3月から5月か……桜に間に合うか(いや、資金が一番の問題ですがね)
GWに間に合うのか、いろいろ難しいところですね、ハイ。


さて、ウェブサイトではこの他に、旭光学・ASAHI PENTAXの生い立ちに始まるショートヒストリーを掲示しております。(*代表するカメラモデルとしてはPENTAX LX が選ばれています)
その文面の終わりの部分。
「そして2016年春。
私たちは新たなフォーマットのデジタル一眼レフカメラを発売いたします。」

新しいフォーマット。
まぁ普通に考えれば35mmフルサイズだよねーと。24mm x 36mm。

「新しいフォーマット」と言っているので、正方形ですか?と言う方もいらっしゃるのですが、私が想像したのは、

「A4サイズ横の比率のフォーマットだったりして」
です。

御存知の通り、写真印画紙のサイズはかなり特殊で、文具系でおなじみのA4やA3に代表されるA判系列とは全く違います。ちなみにフィルムの35mm判サイズとも全く合いませんが。
で、A4横ですと縦210mm x 横297mm です。およそ1:1.4という感じです。
これを縦24mmにすると横は34mm、24mm x 34mm ということになり、少しだけ35mmフルサイズより小さいのですが、プリントに無駄が出ません!
世界初、A判系列フォーマットであります。

まさかね(笑

CP+2016が楽しみです!

2015/12/12

コメント欄にカキコしていただきました藤八さんの情報に驚きまして、今すっ飛んで見て参りました。

新しい画像がアップされてます。
画像

このレンズは、最新のD FA 24〜70mm F2.8ですね。

そして、確かに撮影に使用したレンズはFA☆ 85mm F1.4FA☆ 24mm F2 であります。

「何故、生産終了したレンズを使っているのか」とのことですが、今回の広告の主題が「Kマウントレンズがすべて装着可能」ということですからね、数あるレンズの中で、今なおインパクトの強いレンズといえばFA☆ 85mm F1.4をおいて他には考えられませんから、まぁ当然でしょうね。FAリミテッド3姉妹では今までもカタログに載っているので当たり前すぎるかと。
そして中望遠の85mmに対してもう一本、広角系でアピールするとすればやはりFA☆ 24mm F2 でしょうねぇ。
他にもA☆ 135mm F1.8 等もありますが、MFレンズなので今回は見送ったのかなぁと。

で、もう少し深読みすれば、この2本、デジタル対応を経てD FA☆レンズとして復活してくるんじゃないでしょうかね。電子部品の供給終了で消えてしまったFA☆レンズ群ですが、SDMやDC化して、QFS対応してくるのではないかと。
先般の645レンズのHD化を見るに、今なお残ってるFAレンズのHD化はお約束でしょうしね、絶対。

「Kマウントレンズはすべて装着可能ですので(以下略)」
えっと、撮影可能とは言ってませんけど、注釈無しでこうはっきり書いたのは初めてじゃないでしょうか?
K・Mレンズについて言うと、マウントアダプターKをかませたタクマーレンズより使い勝手が悪いですからねぇ、でも絞り情報伝達レバーの復活はないって言われてますからその線はないでしょうし……何かあるのかなって、かすかに期待しちゃいますけど……やっぱりAレンズ以降の話なんでしょうねぇ。

あと、DAレンズ群への対応ですが、クロップ処理を行う・行わない(従ってフルサイズの画になる)の選択が出来る様です。まぁ人間に選択させた方がカメラとしては楽でしょうしね。

2015/12/27

藤八さんにまたコメント頂きました通り、ペンタのウェブサイトのフルフレームの頁に新たに3本のレンズの撮影データが追加されました。
今回は、既存のDAレンズでFFとAPS-Cと両方で撮影することが可能なことと、問題となる周辺域の画が問題ないレベルであるレンズがあります、と言うことの実例、と言う形でデータが追加されています。
レンズは
DA☆ 55mm F1.4 SDM
DA☆ 300mm F4 ED [IF] SDM
DA 560mm F5.6 ED AW の3本です。

あれ?と思うのは、以前のテストでDA560mmはフルサイズをクリア出来ない、というレポートがあったように覚えているんですが。
記憶違いでしょうか、新しく出してきたのになんでフルサイズカバーしないのよ? ってがっかりしたはずなんですけどねぇ……

DA☆300mmとDA☆200mmは、そもそもがFA☆の焼き直しなのでフルサイズ対応に問題があろうはずもなく。
まぁ単焦点レンズの標準〜望遠系は大丈夫でしょう。

広角系はズームもひっくるめてやはり新設計になりそうですよねぇ。FA31 limitedだけというわけにもいきませんでしょうし。

でも、ティーザー広告、頑張ってますよねぇ、正直こんなに速く次のネタが出てくるとは思いませんでした。
この分だと年明けにもまた出てくるんじゃないでしょうか?

それと、この分だとCP+では自分のお気に入りの旧レンズを持ち込んでトライさせてくれそうな気もしますねぇ。
光源の状態が厳しそうですけど。
smc PENTAX-A 15mm F3.5とか、A☆135mm F1.8とか持ってw

2016/1/17 追加更新

1/14、またまたサイトが更新されました。
背景となっているモデルの写真も変更されました。
画像

背面の液晶の可動部分、壊れなきゃ良いんですが……

レンズの試写は今度はリミ三姉妹、FA31mmFA43mmFA77mmであります。
いずれもペンタオリジナルの独特な焦点距離レンズであり、特徴的な描写とその作りに人気のあるレンズであります。
テコ入れはないんでしょうかねぇ。絞り羽根を円形に、とかHD化とか。

FA☆、DA☆、そしてFAリミと言う具合でレンズ紹介が行われてきているのですが、さてもう1回あるんでしょうか?残るはFレンズとAレンズというところですが、果たして……?
FレンズではF☆レンズがあるかと思えばお気楽ズームもあり、お気楽レンズでは今度のフルフレームボディの性能においつけていないものも多いかと思われますし……
むしろAレンズのA☆やAマクロは結構使えそうな気もするんですけど、どうでしょうかねぇ。
意表を突いて、SMCタクマーとかの作例出してきたら面白いかもしれませんけど。

2016/2/3

1/28、またまた更新が来ました。
多分、これで終わりじゃないかと思わせる、D FAズーム、24-70mm F2.8 ED SDN WRの写真です。

ボディのティーザーは、ボタン廻りのアップです。
画像


ちなみにウワサによると、ホントに名前はK-1みたいなようなのですが、モデルチェンジの時はどうするんでしょうね?

2016/2/14 追加更新

えー、ウワサでは2月18日(木)に発表があるのではないか?ということなのですが、さてどうでしょうね。
それで、モデル名はやっぱり「K−1」だという説が濃厚です。
お値段は以前にも2000ユーロ、と言う話がありましたが、どうやらそのへんになるとか。
25万円クラス、ということなのでしょうか。

画像


さて、2月12日、ティーザーサイトが更新されましたが、今回のレンズは私も所持しておりますD FA150-450mmでありました。DFA☆70-200mmではなかったのは、まだ苦労されてるんでしょうか。
CP+には出てくるんでしょうかしらね。
おそらくCP+でのメインはK-1+DFA24-70mmなのでしょうが、キットレンズはコレでは無いという話がありまして(確かに50万円コースになってしまいますからねぇ)懐かしのFAレンズのデジタル対応版らしきもののようです。

何はともあれ、あと2週間ですね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

そういえば、昔のニコンのレンジファインダー機にもありましたね、24×34mm。
こちらばすぐに24×36mmになりましたが、ペンタックスならやるかもしれませんね、24×34mm機を。

フルサイズ機確定の報から、イロイロなレンズが気になりだし・・・ついに(中古ですが)FA43ミリと77ミリを衝動買いしてしまうし。(ちょいと安目だったので、つい)

早く実機に触れてみたいですねぇ。
買えるかどうかは、その場にならないと何とも言えませんが、お財布が許せば買います!
M42沼
2015/12/01 09:25
M42沼さま)
コメント有り難うございます。
そうでしたね、最初のニコンのヤツがまさにこのサイズだったですね。24mmx34mmってあれ、どこかで見た様なサイズ、と思いましたが……。

さて、フルサイズモデルが出ると皆さんお手持ちの旧レンズで早速テストをされるんでしょうねぇ。もちろん自分もやるに決まってますが、その結果が非常に恐ろしいような……
使い物にならないヤツばっかりだったらどうしようって、実はとっても気にしています。

A・P(ブログ主)
2015/12/01 22:52
大変お久しぶりです。

KマウントSMC古レンズを大量に持っているものからすると、135サイズデジに噛ませたら…は興味深いものがありますが、ニコンD600に旧いニッコールオートやAiニッコールで遊んだ経験から、結構どれも普通に写るのでは?と楽観しています。そりゃ最新のデジ専用設計の方が性能は良いんでしょうが、常識的な鑑賞サイズで明らかに普通に写らなかったのは、ヨンサンハチロクとか大抵フィルムでもアレな玉でしたw 撮像素子の方も進化して、昔ほどフィルムで撮った場合と極端に違う結果になることも少なくなったようですし。
雪うさぎ
2015/12/08 22:00
今日,ティザーサイトが再度更新されました.開発中の機体にFA* 85mm とFA* 24mmを装着して撮った画像が載っています.……なぜ生産が終了したレンズを使っているのでしょう?
謎が深まります.
藤八
2015/12/11 18:48
度々の書き込みで恐縮しております.
センサーサイズとマウントについては,次の通り書いてあります.
「新フォーマットのデジタル一眼レフカメラは、35ミリ判フルサイズの大型イメージセンサーを搭載し、マウントにはKマウントを採用します。」
藤八
2015/12/11 19:11
雪うさぎ様)
こんにちは。カキコ有り難うございます。K2DMDやモータードライブカメラはその後如何でしょうか?
Kマウントレンズですが、200mm F2.5を使った際、そりゃもう色収差が酷いことになりまして(泣
それ以来デジでKレンズを使うのに躊躇していたのですが、FA☆やA50mm F1.2 等確かに使えるレンズがあることは間違いないので、レンズテストが流行するんだろうなぁと思っております。
A・P(ブログ主)
2015/12/12 14:21
藤八さま)
カキコ有り難うございました!
コメントされた内容につきましては、ブログ本文にて弊方の考えを書きましたので宜しくお願い致します。
情報有り難うございました。
A・P(ブログ主)
2015/12/12 15:25
こんにちは。

K2DMDは出番こそ減ったけど、相変わらず時々持ち出しています。MXは寒冷時にシャッタームラが頻発するし、LXはモードラが不調なので、Kマウントのフィルム機ではDMDが最も出番が多いかな? KX/KMのモータードライブカメラは…流石に殆ど持ち出しませんが。

K200mmF2.5の開放は確かに色収差が…普通ガラスのみの大口径だから仕方ないですが。でも拡大してよーく見ると、一見甘々な様でも決して解像度が低い訳ではなさそうなんですけど、普段はA☆200mmF2.8ED持ち出します。因みに個人的にはデジでのお気に入りはK135mmF2.5です。
雪うさぎ
2015/12/12 20:02
情報がお役に立ったようで何よりです.
また,お返事有り難うございます.

> 今回の広告の主題が「Kマウントレンズがすべて装着可能」ということですからね、数あるレンズの中で、今なおインパクトの強いレンズといえばFA☆ 85mm F1.4をおいて他には考えられませんから、まぁ当然でしょうね。

同意します.とは言え,私はごく最近ペンタックス使いになったので,古くからのユーザーの方ほどFA* 85mmの凄さを理解できていないように思いますが(汗).
個人的には,銀塩時代からのペンタックスユーザーの方を強く意識した広告のように思います.

> この2本、デジタル対応を経てD FA☆レンズとして復活してくるんじゃないでしょうかね。

一応2本ともAPS-C機で使っています.
FA* 85mmはHDコーティングや円形絞りを採用すれば,35mmフルフレーム高画素機でも十分使えるでしょう.
一方,FA* 24mmは,二線ボケや解像力の低さが目立つので,大幅な更新が必要でしょう.個人的にはF2よりも暗くて構わないので,信頼度の高いレンズが欲しいです.

> 今なお残ってるFAレンズのHD化はお約束でしょうしね、絶対。

同意します.特にFA Limitedがどのように更新されるか,興味深いです.個人的には,金属外装のままHD化と円形絞りを採用してほしいです(DCモータとWR/AW化は,外装変更を伴いそうなので希望しません).
藤八
2015/12/13 16:48
雪うさぎ様)お返事有り難うございます。
そうですか、DMDが一番ですか。当方は今現在LXを順番に使い、DMDは例の銀モデルだけを使用してます。(でも何年前だろう?)日が出ている時間が短いのでどうも腰が重くてイケマセン……。
A・P(ブログ主)
2015/12/14 23:51
藤八さま)
お返事有り難うございます。
弊方のブログ記事でお解りかと思いますが、私はKマウントと共に歩んできた様なものなので(他にも同じ方は沢山いらっしゃると思うのですが)、あのキャッチコピーには正直ぐっと来るものがありましたw
リミ三姉妹がようやく本来の画角で使えるのだと(フィルムカメラで使えますが)。
ただ、これでフィルムカメラに見切りを付けられるペンタファンが多そうでそれもまた怖いような。
A・P(ブログ主)
2015/12/15 00:02
再度ティザーサイトが更新されました.3種類のクロップ機能(AUTO, FFとAPS-C)が用意されるそうです.併せてDA* 55mm, DA* 300mmとDA 560mmを使って撮ったFFとAPS-Cの作例が載っています.
とは言え個人的には,もしフルフレーム機を使うなら,周辺部の画質を考えてFAレンズかD FAレンズを装着したいです.
藤八
2015/12/24 20:56
藤八さま)
お返事遅くなりましてすみません。
コメント有り難うございます。助かりました!
ティーザー広告、力入ってますねぇ。
*DA☆55mm F1.4 使えるんですね。
うーむ、標準レンズとしては高いですけど……どうしたものか。
A・P(ブログ主)
2015/12/27 22:46
本年もよろしくお願い申し上げます.
また,お返事有難うございます.

> あれ?と思うのは、以前のテストでDA560mmはフルサイズをクリア出来ない、
> というレポートがあったように覚えているんですが。

私はDA 560mmを持っていないので, pentaxforums.comの記事頼りです.
http://www.pentaxforums.com/articles/photo-articles/da-560mm-f56-is-it-a-full-frame-lens.html

Pentaxforums.comの調査結果は,ケラレが無く,絞り開放〜F8.0で周辺光量不足が目立つというものです.

因みにpentaxforums.comはDA 560mmをMZ-Sに装着して試写しています.ただ,フルフレームデジタル一眼で手振れ補正を使う場合,センサーシフトの分イメージサークルに余裕が無ければならないような気がします.
コメントで仰っているDA* 55mmも含めて,公式の情報が欲しいです.
藤八
2016/01/01 15:30
藤八さま)
いつも情報ありがとうございます。こちらこそ宜しくお願い致します。
DA560mmは周辺光量落ちでしたか。うーん結構問題ですねー。
私の撮り方で考えると、F11まで絞るということはレフ1000mmみたいなものになりますが、ただ560mmだと結構サイドが入るのであまり低速度シャッターは切れないので感度を上げる必要が出てきますねぇ、ならAPSーCで撮った方が露出に余裕が持てるので良いことになりそうです。
……と言うことは、画像素子の面積が可変出来る様になると、疑似ズームが出来る事になりますね?
A・P(ブログ主)
2016/01/05 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
PENTAX Full Frame / 2016年春 デビュー (続報) あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる