あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5〜5.6 ED DC WR 他にもう1本発表

<<   作成日時 : 2016/02/19 00:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日に書きましたとおり、ウワサの2本が正式にリリースされました。

1)HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5〜5.6 ED DC WR

http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2016/20160218_010430.html

画像


このスペックを見ると、過去のFAレンズを想像してしまうわけですが、さすがにあのままではデジタル一眼レフには対応しきれないのでしょう、かなり力の入ったものに仕上がっているようです。

*レンズそのものは11群15枚、EDレンズ1枚、異常低分散レンズ1枚、非球面レンズ2枚を使用。

*第1レンズにはSPコーティング。

*絞り羽根は9枚。F3.5(5.6)〜 6.3(10)の間では円形絞りを保つ。

*クイック・フォーカス・シフト採用(まぁLレンズ以外は採用してますよね)

*名前にあるとおり、DCモーター。KAF3マウントなので、*istDシリーズやフィルム一眼カメラではAFが動作しません。(まぁフィルム一眼で使おうという人はいないと思いますが)

ということで、24-70mm F2.8 程ではありませんが、さりとてキットレンズというほどの簡略版でもない、「普通」のレンズということでデビューしたようです。
量販店の実売価格は7万円台、といったところのようです。

*このタイプのレンズは、ピントリングの回転方向がどうなっているのか写真ではわかりません。
さて、どっちなんでしょうか……?

2)HD PENTAX-D FA 15〜30mm F2.8 ED SDM WR

画像


タムロンOEMのレンズであります。
御覧の通り、何をとち狂ったか、ピントリングの回転方向が逆のレンズであります。

まさかな、と思いまして、D FA☆70-200mmや24-70mm F2.8の写真を確認してみましたが、いずれも正規の向きでした。
今、恐れているのは、遅れているD FA☆ 70-200mmレンズのピントリング回転方向が逆にならないだろうな、というアホみたいな心配であります。
こういう掟破りの製品が出てしまうと、ユーザーとしては、今度の製品はどうなんだろう、大丈夫なんだろうかと気にしなければならないのです。本来ならしなくともよい心配をしなければならない、誠に持って言語道断、そういう気がします。

ということで、このレンズ、当方は関知しません。どうぞあしからずご了承下さいませ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5〜5.6 ED DC WR 他にもう1本発表 あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる