あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/11 SIGMA社公式リリースより<御注意>

<<   作成日時 : 2016/05/22 22:37   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

えー、これは5月11日にリリースされてますので、もう御存知の方が多いと思いますが、備忘録ということで。
(モードラ3連発の間に違う記事を入れたくなかったというのが正直なところなんですけれど)


https://www.sigma-photo.co.jp/new/new_topic.php?id=1013


下記の同社製レンズをK-1に装着するとボディに擦り傷が入る、ということでリリースが出ました。

該当するレンズ群

<現行製品>
30mm F1.4 DC HSM| Art
35mm F1.4 DG HSM| Art
APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

・旧製品
50mm F1.4 EX DG HSM
85mm F1.4 EX DG HSM
24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM
APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM
APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM

有名どころのレンズが軒並み……

場所はマウント上部のボディ部分だそうです。
レンズ鏡胴の一部がボディに接触しちゃうんでしょうか。どの程度の傷になるのか気になるところではあります。
*K-1のペンタプリズム部はK2のようにアゴが飛び出した形になってますからそこでしょうか?
なお、シグマ社側ではレンズ鏡胴の部品を交換修理することで対応するようです。
ペンタックスレンズより其の部分の直径が大きかったのでしょうか。

なお、支障するボディは現在のところK-1のみだそうです。数あるAPS-Cボディでは問題ないようです。
特徴的なデザインだったK-30でも問題なかったようですが、つまらないところでミソつけちゃいましたね。

またここでお決まりの文句を唱えるのは気が引けますが、「ペンタックスユーザーの純正レンズ指向は他社ユーザーと比較して高い」という話です。具体的にどこがどう、という数字による根拠がまるで無い話なので(私が知らないだけかもしれませんが)都市伝説いやペンタ伝説みたいなものでしょうけれど。
ただ、3rd Partyのレンズメーカーから発売されているKマウントレンズは他社マウントと比較するとずっと少ないわけで、「ニーズがないから」というのがその理由とされています。
ま、今やペンタックスのシェアは微々たるもので、その微々たるユーザーが更に純正レンズ指向だとなったら、そりゃ3rd Party各社は作りませんよねぇ……売れてナンボの世界なのですから。
只でさえ作ってくれないKマウントのレンズについて、コレがきっかけで更に手を引かれたらどうなるんだろう、という気がするんですね。

当然ながら、ペンタックスサイドでは何もリリースは出ていません。
この点はカメラメーカー各社とも同じスタンスですが、「純正製品をお使い下さい」となっていますので当然保証も何もないことになります。
とにもかくにも、ペンタには3rd Party製品に頼らなくてもいいレンズラインアップの拡充をお願いしたいところであります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/11 SIGMA社公式リリースより<御注意> あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる