あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS PENTAX K−70 / 電磁絞りKAF4マウント登場!

<<   作成日時 : 2016/06/09 22:40   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

APS-Cの一眼レフシリーズですが、K-S1、S2という新しい名前のシリーズが続きましたので、K-30 / 50 というシリーズは終わってしまったのか、と思っておりましたが(次はK-S3だと思ってました)、いえいえとんでもない、K-70というモデルが本日発表されました。

1)PENTAX K-70

http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2016/20160609_011729.html

細かいことは例によって全部書きませんが、

@ライブビュー撮影時のAF高速化を実現するハイブリッドAF

→動画撮影時のAFすっ飛びはどうなのでしょうか。先日の大湊マリンフェスタで、K-3 P.E + HD 16-85mm の組み合わせでも発生しました(背面AFボタンでないとAFが動作しなくなるバグ)。

Aリアル・レゾリューションシステム搭載

いやー、全モデルに搭載するんでしょうか?
もっとも、搭載するしないで作り分けるより、全部同じ方がコストは下がりますよねー。

Bバリアングル液晶モニター搭載
画像

もう常備になってしまうんですかね、これ。
あった方がいいんですが、その分大きく重くなるんですよね……

Cハイパーシステム搭載、前後のダブルダイヤル

→もうてんこ盛りですね。

D単三サイズバッテリーは使用出来ず

もはやK-mk−x といった頃のお気軽モデルではありません。

E最初からシルキーシルバーが準備され、黒と銀の2モデル体勢。

一世を風靡した?カラバリモデルは少しお休みになるのかもしれません。カラーデザインは嗜好品みたいなもので、一通りそういうユーザー層には行き渡ってしまったのかもしれませんね。
当方もK-x でレイトンカラーのモデルを買って以来、他に買おうという気が起きませんし。

Fパワーズーム非対応

まぁ、FAズームレンズとFAスターズームレンズだけですからねぇ、コレを使うのは。
ただ、レンズ内モーター用として接点は設置されています。
画像


Gキットレンズは、smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ダブルズームキットは準備されていません。


さて、今回のK-70は、同時発表された下記のKAF4マウントレンズに最初から対応しているカメラとなっています。

2)HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3 ED PLM WR RE


http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2016/20160609_011728.html

@KAF4マウントレンズは、K-3では使えません!!!

ペンタでは初の電磁絞りレンズとなったのですが、その代償として対応するボディが限られてしまいました。
最初から対応しているのは、今回同時発表されたK-70のみ。

ファームウェアをバージョンアップすることで対応できるようになるのは、
K-S1、K-S2、K-3 II、K-1 の4機種にとどまっています。

ということで、私の場合、このレンズを買っても使えません! 絞りが動作しないからです。
いやぁK-3 と K-3 II の差がこんなところで出るとは思いもしませんでした。

2016/11/24 追加更新
K-3 及びK-50 について、本日11/24、ペンタよりファームアップのニュースリリースがありまして、KAF4マウントレンズに対応出来るようになった、とのことです。


A沈胴式レンズ

こんな望遠ズームで沈胴式? と思って調べたら、既にニッコールレンズでもあるんですね。
写真は55mm沈胴状態。
画像


撮影状態。
画像


300mmの状態。
画像


さすが、ヒョロヒョロ状態ですが、さて、がたつきはどうなのか……

Bパルスモーター採用
「リアフォーカス方式により93.6%軽量化したフォーカスレンズをリードスクリュー直結のPLM(Pulse Motor)で駆動することで、現行レンズに対して広角側で約8.3倍、望遠側で約1.7倍の高速化と静音化を実現しています。」

B小型軽量化

現行の赤リング、HD PENTAX-DA 55-300mm F4 〜 F5.8 と比較すると、
重量 466g → 442g (フードは共用)
最大径x全長 72 x 111.5mm → 76.5 x 89mm
レンズ 8群12枚(EDレンズ2枚) → 11群14枚(EDレンズ1枚)
最短撮影距離 1.4m → 0.95m

やや太くなったものの、重量は少し軽くなり、長さが短くなった、ということになります。
レンズが2枚増えてるのに、軽くなっているというのはたいしたものです。
最短撮影距離も1mを切りました。

C9枚円形絞り採用

Dフィルターサイズは同じ58mm


KAF4マウントレンズは今後増加して行くんでしょうねぇ……
まぁK-1買えば良いんですけど、ね。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
KAF4にK-3は対応できませんか?

と、つい先日のセミナーで聞いたばかりなんです。
そのときの回答は、作動域に余裕がないので・・・と、つれないお答えだったんですが。

たった今、HPを見ると、ファームウェアバージョン1.30で対応しちゃいました、K−3(K−50も)も。

よっぽど要望が多かったのでしょうか?

ユーザーにとっては、とっても嬉しい事です。

あと、アンケートには
1.視度補正範囲を、もう少しプラス側に広く出来ませんか?
2.次世代機では、絞り連動カンを復活して下さい。

と、しておきました。
M42沼
2016/11/24 18:01
M42沼さま)
情報有り難うございました!
いやぁグッドニュースです!!
おかげさまで記事を1本書き上げる事が出来ました。篤く御礼申し上げます!
A・P(ブログ主)
2016/11/24 20:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
PENTAX K−70 / 電磁絞りKAF4マウント登場! あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる