あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 補給艦「とわだ」を見学してきました

<<   作成日時 : 2016/07/20 00:29   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


先週の「いずも」に続く今夏の八戸港寄港シリーズ第2弾は補給艦「とわだ」であります。
「海の記念日」付近では各地の港に自衛艦が寄港して艦内の一般公開を行っているわけですが、今回は護衛艦ではなく補給艦でありました。
画像

最終日の月曜、無事晴れてくれました。

画像

基準排水量は8,100tですが(重巡青葉クラスです)、補給艦と言う役目柄でしょうか、満載排水量は倍近い15,850tというものになっています。すごいですね。この艦は「とわだ型補給艦」の1番艦であり、他に「ときわ」「はまな」の2隻があるとのことです。

艦への乗艦は後ろのヘリ甲板の下(第2甲板になるのでしょうか)へタラップで上がり、さらに第1甲板へ再びタラップで上がることになりました。
画像


ヘリが発着する甲板に出ました。良い天気ですが、トップライトの強烈な夏の日差しは写真にはちょっと辛いです。
画像


こういうものの起こりは米軍あたりではないかと思うのですが、今や陸海空の自衛隊各部隊に波及していると思われます。
画像


その下に貼ってあったのは……
画像

これはイケマセンね、国家機密をこんな形で茶化してしまっては(笑)
ここはあえて正解の「2」ではなく、「1」にスタンプを押すのがオトナとしての対応ですよ?

船舶火災に際しての防護服一式。
画像

画像

銀色のものと、ケブラー?剥き出しのものとの違いは、耐熱温度だそうです。
自分はハンダ工作でケブラー使用の耐熱指サックを使ったことがありますが、剥き出しで触るよりは遙かにマシなのですけど熱いものは熱いので、果たしてこの服、長時間耐えられるんでしょうか……?

今回は艦橋へ入れてもらえるようです。順路の途中で見えたランチを上から。
画像


艦内の、例によって急角度のタラップをよじ登ること数度、艦橋に到着です。
画像


今までの護衛艦よりかなり広いです。外から見るとこの通り恰幅が非常に宜しいw
画像


「吹いてみて下さい」とラッパ(予備でしょうね)がありましたが、さてホンモノはどこだ?と探してみましたら、やはりありました。
画像


艦橋から艦首方向を望むと、ちょっと普通の自衛艦(=護衛艦)とは違う風景が広がります。
画像

画像

クレーンタワーやエアータンクが並び、工場のように見え、メカメカしさバッチリです。

画像

タワーに掛けてあるホースですが、太さに違いがあるのがお解りでしょうか?(アングルがよくないですね)
一番太いのが軽油(重油ではないのです)、一番細いのは真水、中間のものが航空機用ガソリンなのだそうです。

で、武装は?というと全くありません。
防御としても唯一、このチャフ散布装置しかありません。
画像

ミサイル艇同様、艦内に小銃や機関銃はあると思われますが、いわゆる5インチ砲のような武装はないのです。

66cm測距儀。カメラのレンジファインダーと全く同じものです。
画像


艦橋から下へ降りるラッタルの上に、神棚が鎮座していました。日本の艦ならでは、ですね。
画像


この艦にもCICが設けられているのですね。戦闘艦以外にもあるとは思いませんでした。
画像


一瞬「え?」と思いました(笑
画像


テロ対策特別措置法、新テロ特別措置法に基づき、当艦はインド洋における警備艦艇への補給活動に参加しています。その際の各国の海軍との交流で送られたバッジがずらりと並んでいました。
画像


画像


日本での活動における感謝状もありました。
画像


画像


さて、再び日の当たる第1甲板へと出てきました。目の前には巨大な門柱が2基聳えています。
そこからぶら下がっているのがこの接続ホース。
この砲金?製のものが軽油燃料のラインです。隣の細いホースが真水用(のはず)。
画像


食料他の補給物資を他の船舶に送り込むのにはこのリフト(ロープウェイ)を使うのだそうです。
両側へ伸びた丸いアームからぶら下げる形になるのだそうで。
画像


右舷側の搬送ユニット。
画像


艦首側のもう1基の門柱。こちらにぶら下げられているのは軽油燃料用のホースのみだそうです。
画像


4tクレーン。アームは折りたたまれている状態なので今はそう大きく見えません。これも左右に1基ずつ設置されています。
画像


さて、疑問に思いませんか?
どうやって海の上で数十メートル離れた他の艦にホースやワイヤーをかけるのだろうか?って。
しかも両方の艦は低速度ですがそれぞれ航行している状態です。接岸する時のように、舫い綱の案内索を放り投げて拾ってもらう、という訳にはいかないのですよ?

「答え」
空気銃で相手の艦にワイヤーケーブルを撃ち込み、それをベースとして各種ホース・ケーブルを接続するのだそうです。
画像

この空気銃を設置する場所も決まっているそうです。

艦首を望む。
画像


午前中の見学タイム終了です。
当方も下艦しました。
画像


後ろ姿。ドーンと張り出したお尻は結構迫力ありますね。
画像


「補給艦」という縁の下の力持ち的存在ですので、今ひとつウケが悪いのですけれど(正直、最初がっかりしたのは事実です)、実際に見てみるとなかなかメカメカしい興味深い艦でありました。
海上自衛隊の皆様、誠に有り難うございました。またの機会を楽しみにしております。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
補給艦「とわだ」を見学してきました あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる