あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 100本目 smc PENTAX−A 135mm F2.8

<<   作成日時 : 2016/11/14 23:06   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

えー記念すべき100本目(100種類目、が正しいでしょうか)は予想外のAレンズ、しかも135mm のF2.8 ということになりました。

望遠レンズの定番と言われた135mmでありますが、タクマーレンズはもちろん、K、あるいはMレンズまでは豊富に見つかるのですが、この後のAレンズ以降、とりわけFレンズはがっくりとその数を減らし、ついにはFA135mm F2.8 を最後に途絶えてしまっているのが実情です。単焦点レンズが多いと言われるペンタックスですが、このレンズは今のところ復活の気配がないのは残念です。

というわけで、タクマーやK、Mレンズは数千円で見つけられるのですが、このAレンズだけは何故か市場では2万円を切りません。タマ数が少ないせいもあるのかもしれません。
この点ではA200mmF4 も似た様なものですがさすがに2万円以上の値はなく、1万円台半ばと言ったところでしょうか。これはFA200mm F2.8 EDに人気が集中している為だろうと思われます。

という前提条件がありましたもので、このレンズ、結構外観がくたびれていたせいか2万円を切っておりましたので、買ってみたものであります。

早速見てみましょう。いつもの正面から。
画像


フィルターサイズは、かつてのKレンズ135mm F3.5と同じ52mmであります。
スーパータクマー・SMCタクマーでは49mm、Kレンズでは52mm、Mレンズで49mm、そしてAレンズではまたまた52mmと口径が二転三転しているのはどうなんでしょうね。
ただ、135mm F2.5からしますとスーパータクマー以来58mm径だったのが、今回のAレンズから52mmにサイズダウンしたことになるので(明るさもF2.5からF2.8へと若干暗くなっている)、そう考えますと小型軽量となった事と合わせ、一概にダメとも言いにくいですね。まぁ過去の話、30年も前の昭和の話なのですが。


お尻から。
画像


絞り羽根は8枚。Aマウントであり、現在のデジ一でもマニュアルフォーカスではありますがストレス無く使用が可能です。


レンズフードはこれくらい出ます。
画像


エンプラによるもので、このスタイルは80-200mm F4.5のタイプ2と同じデザインであります。A100mm F2.8等の「気持ち程度」の内蔵フードよりはましですが、出来ればKレンズ用の望遠レンズ用レンズフードK(A) もしくはメタル製のMH-RB52等の方がより効果的だと思います。他社品で良ければ、ニコンのHS-14が使用可能で入手も容易かと。


カメラに付けたイメージ。
画像


カメラボディはそろそろデジ一にした方が良いんでしょうか(笑

K-1が出た事で、後継であるFA135mm F2.8 [IF] あたりをHD化して復活、というのはどうなんでしょうねぇ。
F1.8 ではちょっとターゲットが違ってきてしまうので、オーソドックスな単焦点となるとこのクラスになると思うのですが。

レンズ構成: 4群4枚
フィルターサイズ: 52mm
絞り: 完全自動絞り F2.8 〜 F32
絞り羽根枚数: 8枚
最短撮影距離: 1.2m
最大径 x 全長: 65 x 76.5 mm
重量: 340g
レンズキャップ: レンズキャップA 52mm
レンズフード: 内蔵。望遠レンズ用フード52mmK (A)MH-RB52も使用可能
レンズケース: ハードケースHB-120

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
100本目 smc PENTAX−A 135mm F2.8 あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる