あさぺんのへや

アクセスカウンタ

zoom RSS 103本目 smc PENTAX-FA☆250-600mm F5.6 ED [IF]バズーカ砲3本目

<<   作成日時 : 2017/06/18 19:27  

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


買ってしまいました。
レンズ最高額を一気に更新し、LXゴールドにあとわずか及ばず!……アホですか(自嘲

前にも少し書いた事がありますが、以前、秋葉原のにっしんカメラさんにこのレンズが2本、並んで立っていたことがありました。確か、お値段は片方が54万円ちょっと、もう1本はそれより安かった(50万円を切っていた…かな?)元オーナーはプロ写真家の方で、メインと予備、だったと伺いました。
さすがに当時、コレに手を出すのははばかられました。結構カツカツな生活でしたので、何か買うとたちどころに影響するレベルでしたので(その割に買ってましたよねぇ)、この2本が並んで立っているのを見て、ようし、売れてないな、と安心する毎日でありました。
一度、買ってしまおうと心が動いた事がありましたが、いやいや待て、と言う自制心のおかげで結局は手を出さず、1年近く経ったある日、片方が消えてしまいました。
「売れたか……」
お店にとっては有り難い事ですが、私にとってはやっぱりショックでした。
そして、残り1本もそう月日をおかず、姿を消してしまい、以来私はこのレンズを見る事はありませんでした。

そうしたある夏の日、新宿高島屋さんで毎年盆明けに行われる中古カメラ博のサイトに、このレンズが登場することになったのです。お値段は会場で、ということで不明。カレンダーを見ると、盆休みを1日延長すれば中古市の初日に行ける事が解り、年休を申請したのは言うまでもありません(笑
で、初日。一番ではありませんが、午前中に会場に着き、ウェブサイトに載せていたお店にGo!

ありました。

なんとショウケースの上に値札と共に鎮座していました。お値段、49万8千円!!
LXゴールドにあと2千円!
レンズ最高額であります。(まぁゴーヨンとかロクヨンとかを新品で買う場合はこんなものではすまない訳で)
お店の方は、ライカをどうしようか、と悩んでらっしゃる先客にかかり切りで、当分私に順番はまわってきそうもありません。
他にこのレンズを狙ってるひとは見た限りいそうもないので、他のお店を冷やかす事にして、一周回って戻ってきました。先ほどとは違うお客さんの接客をされてましたが、出発の時間が迫ってきました。
次は私ね、と声を掛けてところ、先客の方は次の商談者が現れた事で決断されたようで、無事お買い上げになりました!
さて、いよいよ、私の番です。
「すいません、これ、買います」 賽は投げられました!
「ああ、これ、珍しいですよね、結構皆さん見てらっしゃいましたよ」
「ええ、自分も以前、秋葉原で2本立ってたのを見たっきりです」
「「えー? ホントですか? そりゃすごいですね」
「ええ、プロの方で、メインとサブを処分されたってことだったそうで」
「あぁそうですか、まぁ普通の人はあんまり手、出すもんじゃないですしね」

トランク付きなのですが、開けてもらってびっくり。
完全にグサグサの状態で、かなりベタベタであります。これがレンズガラスに付こうものならエライ騒ぎになります。ビニールを厳重に巻き、ウレタン粒が入らないようにレンズを厳重にカバーしてグサグサの中に入れてお買い上げ。もちろん2回払いであります。
さて、ゼーゼー言いながら2Fのエントランスまで来たところで悟りました、「これ、持って帰るの絶対無理」と。
とても新宿駅の改札まで辿り着けません(笑
インフォメーションのお姉さんに訊くと、中古市催事場に受付があるとの事で、再び海上へ戻り、無事発送の手続きを取りました。ヤマト便ということでいくらかかるのかびびりましたが、予想外の金額で拍子抜けしました。多分タカシマヤ扱いの特別価格なのでしょう。
こうしてこのレンズは無事私の手元にやって来たのでした。

このケースは通常の横置きの他、立てておく事も可能なように作られています。(足付きは1個なくなっていました)
画像


この通り、ウレタンは悲惨。
画像

なんとかこそげ落としましたが、その後をどうするか。
昔、模型用にユザワヤで探した事があるのですが、柔らかいタイプのスポンジしかなくてダメでした。底敷きには発泡スチロールを使って、レンズ廻りにはもう一度ウレタンフォームを使えば良いか、と思っているのですが、ウェブで探すとあまり分厚いものはないみたいなので重ねるしかないのかなと。
高いレンズですから、いっそプロに頼むと言う手もありますが、さて、そのプロの方にどうやって頼んだら良いのかもわかりません……ということで、現在は他のレンズと共に床に立ててありますw

さて、見ていきましょう。

まずはレンズ先端部。
画像

本来ならFA☆300mm F2.8 同様にPFフィルターが付いているはずですが、それは付いていませんでした。買うときに訊いてみましたが、フィルターセットとストラップ以外は無かったという事なので諦めるしかありません。
現在、例のPFフィルターを付けています。

レンズフードは組み込み式で、FA☆300mm F2.8 のような取り外しは出来ません。
画像

ですが、F☆300mm F4.5 のようなねじ込み固定式ではなく、バヨネット?式で、収納・引き出し固定とも僅かな回転でロックされるようになっています。ねじ切る事が無いのは良い事です。
とはいえ、御覧の通り深さはペンタのお約束なのでしょうか、もう少しあっても良いんじゃない?というレベルです。さすがに112mmという大口径ではねじ込み式の3rd partyレンズフードもありませんので我慢するしかなさそうです。

このレンズを特徴付ける三脚座。
画像

重量がある大型レンズを支えるこの三脚座はおそらくアルミの鋳造だろうと思います。
ウインバリー等のジンバル雲台にロングプレートをかませて使うのが正しいのだろうと思いますが、10万円の雲台になるのでなかなか決心が付きません(苦笑
とはいえ、このレンズ、重量が5.6kgもあるので、この三脚+雲台では本来アウトです。取り扱いには本当に気をつけねばなりません。

FA☆レンズであることを誇示する銘板。
画像

こういう部分が、「高価なレンズをオレは買ったんだ」というようなささやかな自己満足感をくすぐるものなのですが、最近はコストダウンのせいなのかちょっと味気ないものになっています。

フックは最初から付いているものですが、このレンズは特に重いのでレンズストラップは必須かと思われます。、ボディに付けたストラップでカメラもろとも肩から提げるのは止めた方が良いような気がします。

その下にあるノブは三脚座を緩めるためのもので、カメラの縦横切り替えに使います。例によって90度毎にクリックストップがあります。

レンズ銘板の左側にある、4,5,6という数字があるリングはフォーカスリミッターで、無限大からその位置までのフォーカシングを行います。
画像

この写真の" FULL " 位置では、最短の4mから無限大までの全距離をフォーカスします。6 に合わせれば無限大〜6mということです。
かなり割り切った考え方です。今までのような遠方、ミドルレンジ、全域、といったようなクラス分けがありません。まぁ確かにこのクラスのズームで最短距離ばかり狙う事はないと思われますので、省略してしまったのでしょう。

フィルターについてはFA☆ 300mm F2.8 ED [ IF] 同様、後部に43mmフィルターを装着出来るようになっています。今回、専用フィルターケースとともに、付属6種のSMCフィルターが付いてきました。残念ながら偏光フィルターは欠品でしたが。どこに置いたのか、現在行方がわかりません(驚愕 
発見次第追加します。なお、現在はUVを装着しています。
また、FA☆サンニッパの頁で書いてあります通り、このレンズも後部フィルターをレンズ構成群のひとつとしてカウントしています。ということで、ノーフィルターだとレンズ1群が欠ける事になるのですがどうなんでしょうね。

さて、このレンズですが、結構大きいのです。現在持っているリュックタイプにはギリギリで収納出来ますが、もう1本は入りません。
ということで、キャリングケースも新調する必要があります。ヨドバシアキバまで持ち込み、このレンズを納められるケースを探したところ、AIRPORTシリーズが無難なようです。
このレンズ(+ボディ)のみ持ち出すのであれば他にもあるのですが、もう一セット+三脚を持ち出すとなると転がせるキャリータイプのコレしかなさそうです。ただ、お値段が5万円コースというなかなか素晴らしいものなので現在まだ購入しておりません(汗

更に、もう一つ。冗談抜きにこのレンズ、重いです。本当に非常に重いです。正直振り回せるか疑問で、昨年の三沢への投入は見送りました(苦笑
三脚の雲台も交換するか考えていますし、追加費用がかかる事は覚悟しなければなりません。

画像



レンズ構成: 16群18枚(EDレンズは3,6,7,12群の4枚、高屈折低分散レンズを10群に使用)、最終群の1枚は差し込み式フィルター。
フィルターサイズ: 43mm 、フロントは112mm。
絞り: 完全自動絞り F5.6 〜 F32
絞り羽根枚数: 8枚
最短撮影距離: 3.5 m
最大径 x 長さ: 134 x 442 mm
重量: 5,400g
レンズキャップ: かぶせ式ソフトレンズキャップ 
レンズフード: 組み込み式
レンズケース: 専用アルミトランクケース(縦置き可能)


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お初にお目にかかります。
シルバーボディーのカメラとの組み合わせが絵になっていますね。
Z-1との組み合わせも見てみたいものです。
teccho
2017/06/19 10:12
teccho様)
こちらこそ初めまして。コメント有り難うございます。
Z-1銀ですよね?
そういえばこのところ出してないですね…。
やってみますのでちょっとお時間を下さいな。
A・P(ブログ主)
2017/06/21 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
103本目 smc PENTAX-FA☆250-600mm F5.6 ED [IF]バズーカ砲3本目 あさぺんのへや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる