9本目 smc PENTAX-A☆ 200mm F2.8 ED

画像

初めてのA☆レンズです。これは何気なく立ち寄った錦糸町のヒカリカメラに立っておりました。
プライスタグは48,000円。最初見た時は「おろ?Aスターだ・・・」と言うくらいしか思わなかったのですが(なんせ、既に200mmレンズは2本もあるわけですから)、しかし時間が経つにつれ、なにやら強い引力を感じ始めました(笑)。
「今、お金ないしなぁ」・・・一旦は錦糸町駅の改札を通り抜け、エスカレーターまで行ったところで「!ボーナス払いがあるじゃないか(爆笑)」と思い直し、そのまま又エスカレーターをかけ下り、4Fへと取って返したのでありました。

ピントリングはやや軽め、外装には所々傷があり、肝心のレンズには若干のホコリの混入がありましたが、まぁそんなに悪くはなさそうだし・・・と言う事で、目出度くお家に3本目の200mmレンズ、初のA☆レンズがやってきたのでした。
画像

300mmM☆同様、フィルター径77mmの迫力ある大玉が詰まっています。

さて、半年程が過ぎ梅雨のシーズンとなりますと、ホコリは気になりますし(ホコリだと思っていたらカビだった、という例がいくつかありましたので)絞り環の感触はちょっと手入れした方がよさそうな感じ・・・と言う事でこれは写真レンズ工房さんにまた御願いしようか・・・と思っていたら、「35mmレンズの受付を一時中止」との発表!愕然としました。ダメ元で「どうしても受けられませんか?」と聞いてみたものの「誠に申し訳ないのですが、コレコレの理由で・・・」との事。
カメラサービス鹿児島さんは?と言う事で問い合わせると「申し訳ないのですが、EDレンズとスターレンズはお引き受けできません。写真レンズ工房さんが良いと思いますよ」と、これまたアウト!
仕方ありません、ついこの前までカタログに載ってたんだから、と言う事でフォーラムへ。
「カビではないです。あまりそう気になさる事もないとは思いますが、清掃しますか?」という事なので「是非御願いします!」と言う事で、無事引き受けてもらえたのでした。
レンズは無事すっきりクリーンになって戻ってきましたが、お値段はなんと13,440円という素晴らしいものでした。高かったです・・・・orz
**2007年7月現在、写真レンズ工房さんは35mmレンズの修理・整備を受付けていらっしゃいますので、念の為書いておきます。

画像

このレンズにも小さなフレアカッターが設けられています。ケースは今回の松坂屋中古市で入手したHF-185です。

で、性能ですが、普及版のKやMレンズと比べてどうスゴイのかさっぱり判りません。まさにネコに小判・豚に真珠状態ですが、お許し下さい^^;;

ただ、F2.8という明るさは非常に助かる事が多いですし、大口径レンズですが持った時のバランスは決して悪くありません。内蔵レンズフードはM☆300mmよりは遙かにマシですが、逆光が予想されるような場合には、例の大型フードを持っていく事が多いです。
もちろん純正SMCフィルターを装着しています。

画像

組み込みフードだとここまで。ちょっともの足らないような感じです。ボディはKX Motordriveです。

画像

HOYAのフードを付けてみました。外径が大きいだけ有利ですね。
*この写真にありますように、EDレンズ使用を示す緑の鉢巻が切れていましたが、先日写真レンズ工房さんに入場した際に修復して頂き、現在切れ目はなくなりました。


画像

大型フードを付けた姿。でかくなりますが、バランスは悪くありません。

2008/2/11 追加

2/3の雪の日、A☆135mmと共に出撃し専らこの200mmが活躍したのですが、135mmにトラブルが発生、写真レンズ工房さんから「水濡れは時間が経つとどんどん悪化します。1ヶ月も放っておいたら手がつけられなくなります。稀少レンズですから早く見せて下さい」との事でしたので、135mmよりも派手に濡れまくったこのレンズの方が一見トラブルがなさそうに見えるだけヤバイかもしれません。と言う事で135mm共々写真レンズ工房さんへ送られていきました。

2008/2/17 追加

本日、無事A☆135mmと共に無事戻って参りました。特に記載がなかったので135mmよりはましな状態だったようで、ほっと一安心です。ピントリングの軽さは殆ど変化がないですが、絞り環はオイルが充填され、コトコトという重みが復活しました。135mm共々ピント調整・解像度チェックが行われ、これで万全です。
しかし、雨と雪には要注意ですね。



以下、作例を。

画像

ノーマルでは非常に濃厚な画像でしたので、ガンマを弄っておりますが、それでもまだイマイチです^^; これ以降MX銀の2台目は休車となりました
ASAHI PENTAX MX銀-2 1/500 F8 Kodak HD-400 SMCスカイライトフィルター
*Nikon CoolscanIII ガンマ1.40 アンシャープマスク80%

画像

曇天だったので影や逆光を気にせず撮れました。
ASAHI PENTAX MX黒 1/500 F4 Kodak SuperGold400 SMC スカイライトフィルター
* Nikon CoolscanIII コントラスト修正 アンシャープマスク80%

画像

既にE233系1000番台が活躍を始めています。気楽に写真を撮れるのは今のウチです。
ASAHI PENTAX MX黒 1/1000 F2.8開放 Kodak SuperGold400 SMC スカイライトフィルター
* Nikon CoolscanIII コントラスト修正 アンシャープマスク80%

2008/2/5 追加
画像

一世を風靡した500系。現在は東京まで顔を見せるのはわずか4往復まで減りました。
*ASAHI PENTAX KX銀 F2.8開放 1/500 Kodak Supergold400 SMCスカイライトフィルター
* Nikon CoolscanIII 明るさ・コントラスト修正 アンシャープマスク80%

2009/2/23 追加
画像

スズメが住宅の変化に付いていけず、減少しているそうです。今年はちょっとタイミングがずれてしまい、イチョウの落ち葉で遊ぶスズメの群れを撮れませんでした。さて、この写真には何羽いるでしょうか?
PENTAX MZ-S F2.8開放 1/1000 Mitsubishi MX100 SMCスカイライトフィルター
Nikon CoolscanIII ガンマ1.5 アンシャープマスク80%

画像

日が出てしまい、完全逆光であります。こうなるとフィルターは有害ですから外しました。都内でのEF55ラストランです。
PENTAX LX黒-1 F2.8開放 1/1000 Kodak UltraMax800 フィルターなし
Nikon CoolscanIII ガンマ1.9 水平位置修正 アンシャープマスク80%

2009/2/27 作例追加

画像

こちらのレンズの方が結構雪の中で使われたのですが、ハデにトラブったのはもう1本の方でした。
*ASAHI PENTAX KX銀 F2.8開放 1/500 Kodak Supergold400 SMCスカイライトフィルター
* Nikon CoolscanIII ガンマ1.9 アンシャープマスク80%

画像

ついにEF81にも引退の時が近づいて参りました。お召し牽引実績のあるゾロ目81号機は、かなうならばピンクの旧塗装に戻しお召し装備を施して保存してもらいたいものです。
* PENTAX LX-Titan F5.6 1/1000 FUJI Superia Vinus800 SMCスカイライトフィルター
* Nikon CoolscanIII 水平位置修正 アンシャープマスク80%

2014/10/25 追加更新

レンズ構成: 6群6枚 EDレンズ2枚(第3、第4レンズ)
フィルターサイズ: 77mm
絞り: 完全自動絞り F2.8 ~ F32
絞り羽根枚数: 8枚
最短撮影距離: 1.8m
最大径 x 全長: 91 x 138 mm
重量: 850g
レンズキャップ: レンズキャップA 77mm
レンズフード: 組み込み式
レンズケース: HF-185 ハードケース ストラップ付

次も200mmレンズです(^^;;


(更新履歴等)
2007/7/31
*記事中のカメラボディ・レンズにリンクを張ってみました。
2007/8/4
*HOYAのレンズフードを付けた姿をupしてみました。
2008/1/16
*作例2枚追加
2009/2/23
*作例2枚追加しました。
*記事のレイアウトを変えてみました。
2009/2/27 更新
*作例2枚追加しました。

2014/10/25 追加更新
*記事レイアウトを一部見直し変更しました。
*本文記事に簡単なスペックを記載しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

A
2017年07月08日 16:13
後期ロットの物はケースが布製のS90-160に変更になっています。ストラップが付かなくなっています。
合成皮革から現在でも新品で入手可能な布製ケースに変更になったレンズがいくつかありますが、こちらの方も紹介いただけたらと思います。
A・P(ブログ主)
2017年07月10日 00:53
A様)
コメント有り難うございました。
そうですね、判明しているものについては記入して行くべきだと私も思います。実は余り資料がないのですけれど、やってみる事に致します。
ご指摘有り難うございました。

この記事へのトラックバック