25本目 smc PENTAX -A 50mm F1.2 / 最後の単焦点マニュアルレンズ 

画像


「もう終了している」「もうなくなった」と言われ続けていますが、嬉しい事に今なお継続しているペンタックス最後のマニュアル単焦点レンズであります。もっともいつ生産終了となってもおかしくないので、興味のある方は、この冬の某茄子で購入される事をお勧め致します(まるでセールスマンですねw)

*2011年6月のレンズ&アクセサリーカタログから落ちました。 

そう言う当方は中古で入手しております(^^;
言訳致しますと、このレンズを購入した当時は、まだ今程中古レンズ価格は高騰して居らず、K50mmF1.2でおよそ1万5千円ほど、A50mmF1.2で2万円台と言う事で、新品価格(大手量販店で5万円後半)とはかなりの開きがありましたので、中古を買う意味があったのです。
今では「・・・新品買った方が良いんじゃないか?」というような価格に上昇してしまっていますし、そもそもタマ自体が比較できる程出回っていない、という状態ですからねぇ・・・・。

画像

何度見ても不思議なのは、こんな小さな穴を光がきちんと通って行き、再び像を結ぶという事です。理屈では解ってますけれど・・・

画像

絞り羽根はK50mmF1.2が8枚だったのに対し、1枚増えて9枚になっています。


画像

レンズキャップFであれば、この通り標準レンズ用フードK(丸形)を逆さ付けしても取り付けがなんとか可能です。ガッチリとは止まりませんが^^;

Kレンズ時代は、レンズ前面の鏡板にレンズ名・会社名・シリアルナンバー等が書かれていましたが、Aレンズになってからはピントリングのプラユニットに彫り込み、インク流し込みの印刷になっています。
レンズ外装も、Kレンズでは金属部分が多かったのですが、Aレンズでは逆に殆どエンプラになりました。

画像

このレンズは普段はLXチタンに装着されています。

1975年のKシリーズデビュー時、目玉商品の1つであった50mmF1.2レンズは、その後このようにAレンズ化されたものの、21世紀の今日までずっとカタログにあり、今なお店頭でその姿を見る事が出来ます。マニュアルフォーカス・絞り環の存在とあわせ、技術の継承という点から見ても残って欲しいレンズであります。

作例です。

画像

*朝のこの1本は400系単独運転です。17両対応の長いホームの先端部にちょこんと7両が止まる姿はなかなかユーモラスです。来年度にはE3に置き換えられるので今のウチです。
F5.6ですが、画面全体にきっちりピンが来ています。さりとてカリカリでもないホドホドの良さ。
テツとしては最も好きな感じに撮れました。
* PENTAX LX Titan F5.6 絞り優先AE Kodak SuperGold 400 SMCスカイライトフィルター
* Nikon Coolscan3 アンシャープマスク80%

2007/10/26
画像

この可口飯店の建物は昭和初期(どこかに昭和5年/1930年と出ていたような・・・)に建てられたものです。お昼はアジアン・ランチ、夜はタイスキで有名でした。末期にはよく(ランチを)食べに行ったものです。いろんなレンズで撮ってますのでまだいくつか出てくると思います。50mmだと全部はやはり入りません。

2008/10/5
本日、何気なくヨドバシカメラの秋葉原店に入ったところ、秋のセールと言う事で5%ポイントアップセールをやっておりました。(webでもやってくれると、カード手数料の2%も差し引かれなくて済むので有り難いのですがね)
で、指定したレンズ・カメラと言う事でしたので店員さんに確認すると、A50mm F1.2もOKとの事。
「解りました、買っていきます」と言う事で即断となりましたw

家に持って帰って取り出してみると・・・・
1)2002年10月発行の、旭光学→ペンタックスへの社名変更のお知らせ
2)2007年10月発行の、サービスネットワークの案内書
3)2008年3月発行の、HOYAに合併される事のお知らせ
が入っているのですが、説明書が入っていない。当方としては「Aレンズの使い方」が入っていたら嬉しいな、と目論んでいたのですがハズレました。まぁ、なくても使えますしw
ダメもとでヨドバシに連絡したところ、「入っているのが正しいと思います。メーカーに確認してみます」という事になりまして、そしてしばらくして再度「入手出来ました」との連絡を頂きまして、昨日夜、会社帰りのついでにもらって参りました。嬉しい事に「Aレンズの使い方」でありました。素早い手配に感謝であります。

で、本体ですが、当たり前の事ですが「新品」ですからピカピカであります。ホコリや異物の混入も殆どゼロに近い状態でありました。ブツによっては新品なのにいきなり異物(ゴミ・・?剥がれた塗装片?みたいなもの)がしっかり入っていて、実用上全く問題にならない事は解っていても「・・・・orz」とハズレを引いたように落ち込む事がありますから。
絞り環の感覚も良く、やはり新品は良いわぁ、でありました。
早速保護用としてKenkoのMCスカイライトMXを装着しています。

何故また今頃新品を買ったか、と言いますと、先日の新聞発表で、日本国内でのデジカメ生産の撤退が取り上げられていましたが、と言う事はこのレンズもおそらく最期であろうと考えたからです。
今までスターレンズ等で痛い目に遭ってきましたので、またバタバタするのはまっぴらですからね。

さて、このレンズどうしようかと言う事で、LX黒1号機にするか、K2DMD銀にするか考えましたが、DMDへ装着する事とし、今まで装着されていたM 50mm F1.4は、SuperAへ転属し、絞りが壊れているA 50mm F1.7を置き換えました。
なお、純正丸形フードKを装着してケースに入れる・・・はずだったのですが、入りませんでしたw

2008/10/11
画像

このボディにはコンパクトなMレンズより、やはり大柄なレンズが似合いますね。

さて、新しいレンズをためつすがめつ・・・しておりますと、「前のレンズと同じかな?」という疑問がふつふつと湧いてくるものでして(笑)・・・・取っ替え引っ替えしておりますと・・・・違っているのです。
レンズの銘板" smc PENTAX-A 1:1.2 50mm 14XXXXX "の文字、そして絞り環の絞りの数字、この文字色が違っているのです。
前のものは、ほんのりと青味がかった、水色気味の色に対して、今回のレンズの文字は素直に「白」なのです。
画像

お解り頂けますでしょうかね・・・・・右が旧品、左が新品です。銘板・レンズ絞りの数字の色が違います。

他のレンズはどうか?と思い、レンズを次々に出してきてみると・・・・・なんとAレンズはもちろん、昔のMレンズやKレンズも、FAリミテッドレンズも基本的に青味色の白文字だったのです。つまり、この新しいレンズだけ、「白い」のです。

うーむ(笑)  経時でインクが青くなるものでしょうか? 普通は逆ですからねぇ・・・・・・

*もう一つ。
何故、2002年の頃の会社名変更のペラが入っているのでしょうか・・・・
それは、このレンズが出来たのがその頃だったからではないでしょうか(爆
ヨドバシアキバでは、私が購入したもの以外、店頭には在庫がないと言っていましたので、基本的に1コだけ置いているようです。実際、webで見ても、一瞬在庫が無い様に表示されていましたが今はまた復活しています。(要するにまた持ってきた訳です) このレンズは一時期、ヨドの大半のお店から消え、「ついに終わったのか、やっぱり買っておくべきだったかな」と思ったものですが、幸いその後少し経って入荷したので安心していました。
と言う事からしても、ヨドバシカメラのデッドストックではないことが解ります。
しかし、それからまる1年以上(ざっと2年ぐらい?)経って今回買ったレンズが本当に2002~2003年頃のものだったとするならば、やはりフジヤカメラのPOPにある通り、既にこのレンズの生産は終了していて、メーカーにある在庫が相当量あっただけ、と言う事になるのでしょう。(年に数本しか出ないとすれば更にw)

日本国内のレンズ生産が終了する、と言う事は、FAリミテッドレンズも終了が近い(少なくともMADE IN JAPANとは書けなくなる)と考えるべきなのでしょうか。うわー悲しい。生き残るため、とはいえ、良いのかそれでと思ってしまいます。

2008/11/14
やってしまいました。
「落下」させてしまいました。
ちなみに中古で買った方です。
肩掛けスタイルでカメラを滑り落としてしまうのは、実は今回が初めてではありません^^;;
画像

こういう時に限って、フードを付けていないのです。
多分この場合、フードが付いていれば、フードの犠牲だけで済んだ可能性が高いと思われます。
落ちた瞬間、「ミシッ!」と音を立ててフィルターにヒビが入りました。
レンズそのものに傷は入りませんでしたが、フィルターが取れなくなり、ヘリコイドも最短に回せなくなりましたので、再び鏡胴を交換する事になりそうです。
レンズ工房さん行き決定です(泣

2008/11/21
実質2日ほどでこのレンズは戻ってきました。もちろん、完璧に修理されて、であります。無茶苦茶早いです。感謝感激雨霰です。
ヘリコイドがやはり変形していたそうで、大修理となってしまいました。
現在、とてもすっきりとした状態で、新品と区別がつきません(大げさ過ぎw)。
絞り環もAレンズとしては十分落ち着いた感触でgoodであります。(この点だけはKレンズが良い)
ホッとしております。


2011/6/24
先般、ペンタのアウトレットに沢山のカメラ・レンズがアップされました。時期的に見て、震災で箱が傷んだものではないか?と思ってましたが、その中にこのA50mm F1.2もありました。

それで昨日の夜、久方ぶりにまた見てみますと、このレンズがアウトレットどころか、どこにも掲載されていないのです。生産終了品にも掲載がありません。
もしかすると、遂に終わってしまったのかもしれません。
ただ、「生産終了」すると真っ先に落とされるヨドバシカメラのウェブサイトにはまだ載っていますし、フジヤカメラのサイトにもまだありますので(店頭では数年前から『在庫限り』でしたw)杞憂かもしれませんが……。

2011/9/3
改めて6月のカタログを見ますと、カタログ見開きの2頁には、"FA limited FA FAJ A " との表示があるのですが、肝心の本文頁からAレンズは姿を消しています。レンズ一覧表にもありません。
急遽落とされたのかも知れません。

ちなみに本日現在、ヨドバシカメラ・ビックカメラのサイトからは姿を消しております。フジヤカメラのサイトにはまだ存在しています。

やはり、震災後のアウトレットで売られたものが最後のメーカー在庫だったのでしょう。
私がこの記事を最初に書いたのは2007年9月。それから4年が経過しています。よくぞ保ったと思います。

ここに、旭光学時代より続いてきたマニュアルレンズは消滅し、昭和50年/1975年のペンタックスKマウントデビュー以来ずっと生き長らえてきた50mm F1.2というレンズもまた消滅したのでした。

2014/11/13 追加
レンズ構成: 6群7枚
フィルターサイズ: 52mm
絞り: 完全自動絞り F1.2 ~ F22
絞り羽根枚数: 9枚
最短撮影距離: 0.45m
最大径 x 全長: 64.5 x 47.5mm
重量: 345g
レンズキャップ: レンズキャップA、F 52mm
レンズフード: 標準レンズ用角形フードK、標準レンズ用丸形フードK、RH-RA52
レンズケース: ハードケースHB-90、ソフトケース S70-70

2015/6/21 追加

鉄ネタです。
富山機関区には日本海縦貫用としてEF81とEF510が配置されていますが、そのうちEF510の運用には1往復だけ東北本線(青い森鉄道)東青森~八戸貨物に運用が組まれています。
東青森→八戸貨物は単機回送(単2096レ)で、八戸貨物からはコンテナ車の4077レ~4076レとして大阪・百済貨物ターミナルへと走って行きます。
東北本線で赤いEF510を見ることが出来るのはこの1本だけで、しかも発車時刻が八戸貨物18:55という非常に厳しい時間なのです。
今現在の日没時間は19:12なので、何とか撮れるか?というところなのですが、いくつか試してみた限り、
*F2.8レンズではISO1600が必要、但し、拡大するとノイズがきつい……
ということで、「A50mmがあるじゃん!」と白羽の矢が立ったのでした。

4077レ EF510 502 [富]
画像

PENTAX K-3 P.S.E. 絞り優先AE 1/640 絞り F1.2開放 フィルターなし 曇天 ISO800 SRオン
マニュアルフォーカス

*今日はJR東日本の元ブルトレ牽引機、502号機でした。今のところ、赤と青の割合は半々くらいです。
*絞り開放なのでピントが難しいです。新しいフルサイズはどうなんでしょうね?

2015/6/25  追加更新

今日は赤いEF510でした。 4077レ EF510 21[富]
画像

PENTAX K-3 P.S.E. マニュアル露出 1/500 絞り F1.6 フィルターなし 曇天 ISO800 SRオン
マニュアルフォーカス
*ちなみにレンズフードは、105mm用の望遠レンズ用フード52mm(B)Kを装着していますが、この通りケラレはありません。
ま、日が出ておりませんので、フードの必要性はあまりないのですけれど。


次はLX2000とセットになっているA50mmF1.2 Specialです。

2007/10/26
*写真1枚を追加しました。
2008/10/5
*本文記事を追加しました。
2008/10/11
*本文記事と写真を2枚追加しました。
2008/11/14
本文記事と写真1枚を追加しました。
2008/11/21
*本文記事を追加しました。
2011/6/24
*本文記事を追加しました。
2011/9/3
*本文記事を追加しました。
2014/11/13
*更新履歴がなかったので作成しました。
*本文記事に簡単なスペックを追加しました。
2015/6/21
*写真1枚と本文記事を説明のために付けてみました。

2015/6/25  追加更新
*写真1枚、追加しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

A☆
2019年03月21日 14:33
当方の所有しているAの100mmF2.8と135mmF2.8はピントリングがプラですが、A50mmF1.2はピントリングが金属です。ロットによってプラ製もあるのでしょうか。
A・P(ブログ主)
2019年03月22日 21:58
A☆さま)
コメント有り難うございます。今現在カメラ達と完全に離れて生活しておりまして、確認が出来ません。しばしお待ち頂きたく存じます。

この記事へのトラックバック