48本目 smc PENTAX - M ZOOM 35mm F2.8 ~ 70mm F3.5

画像


正確に言うと2本目なのですが、自分の意思で購入した、と言う意味では事実上初めてのズームレンズであります。オークションで格安だったので、1本くらいあってもいいかなぁ・・・と言う事でゲットしています。

画像

いわゆるワンハンドズーム、直進式ズームレンズで、広角35mmではここまで伸びます。当時の旭光学は全てこのワンハンドズームレンズでした。

画像

純正レンズフードも付いていました。このように2段構えという珍しい仕組みになっています。というより、ステップアップリング付き、と言う事かも知れませんが(笑
2014/12/11 追加
正しくは、
1)レンズのフィルターねじ(58mm) にフード下段をねじ込む
2)67mmのフィルターをフード下段にねじ込む
3)67mmフィルターにフード上段をねじ込む
というものなのだそうです。
つまり、レンズ+フード下段+フィルター+フード上段
という順番になるわけです。
この方式は、タクマー20mm用レンズフードや、ズーム45 ~ 125mm F4 用フードにも採用されている方式です。

ただ、自分が使った限りにおいては、レンズにダイレクトに58mm径フィルターを装着して、その上にフード上下を装着してもケラレは出ていません。(追加ここまで)
フィルターは当初はKenko MCスカイライトMXでしたが、今現在は純正スカイライトを装着しています。

画像

正面から。ほんのわずか絞りが見えていますが、これが焦点距離を変えるともう少し出てきます。開放の明るさが変わる、というのはこういう事か、と解ります。

画像

お尻から。絞りは7枚です。

作例です。まずは久方ぶりにテツネタから(w

画像

足場が限定されて、自由に歩き回れない様な場合には確かにズームレンズは有効ですね。今まではこういう場合はレンズを取っかえ引っかえしていたのですが、随分時間の短縮が出来ました。
PENTAX LX-Titan 絞りF8 1/500 FUJI PRO400 Kenko MCスカイライトMXフィルター
* Nikon Coolscan3 明るさ・コントラスト修正 アンシャープマスク80%


画像

東京機関区を思わせる風景ですが、ここは高崎機関区。私としては、やはり[高二]と呼んでしまいます(高崎第二機関区の意)。よもや高二でEF65Pのヘッドマーク並びを撮る日が来ようとは想像だにしませんでした。しかも21世紀にもなって・・・・
PENTAX LX-Titan 絞りF8 1/500 FUJI PRO400 Kenko MCスカイライトMXフィルター
* Nikon Coolscan3 明るさ・コントラスト修正 アンシャープマスク80%


画像

戦後のヤミ市の名残が感じられる、日暮里駅前にあった食品・玩具問屋街の最後の風景。食品と言っても駄菓子類が多く、玩具と言っても懐かしのものが主でした。昔はもう少し広がっていたような記憶がありますが、この時点ではもうこの一画だけになってしまっていました。
駅前再開発で翌月にはもう閉鎖されてしまい、今やこの場所は跡形もありません。
2004年8月の姿です。

ASAHI PENTAX ME黒 絞りF5.6 自動露出 FUJI SuperiaVenus400 Kenko MCスカイライトMXフィルター
* Nikon Coolscan3 明るさ・コントラスト修正 アンシャープマスク80%

画像

人間くさい顔のネコ。しかしなんとまぁ不用心な(笑)。安住の場を奪われる事も知らず・・・
ASAHI PENTAX ME黒 絞り開放 自動露出 FUJI SuperiaVenus400 Kenko MCスカイライトMXフィルター
* Nikon Coolscan3 アンシャープマスク80%



画像

初めて使ったのはこのK2銀でした。

開放絞り値が変動するレンズは実際に使ってみると、KXMXのようなマニュアル機では露出がズーミングで変動する為ちょっととまどいます。一方、K2ME等の絞り優先機ではそれほど気になりません。
とはいえ、現在ズームレンズはAF/AE機、単焦点マニュアルレンズはマニュアル機、と言う感じでほぼ使い分けされている為にこのレンズの出番は殆どなくなっているのが実際の状況であります。

2014/12/11 追加更新

レンズ構成: 7群7枚
フィルターサイズ: 58mm (レンズ径・メーカー指定純正フードを分離使用の場合67mm)
絞り: 完全自動絞り F2.8 (3.5) ~ F22 (26)
絞り羽根枚数: 7枚
最短撮影距離: 1.0m
最大径 x 全長: 67 x 76mm
重量: 470g
レンズキャップ: レンズキャップA 58mm
レンズフード: 分割型専用メタルフード (RH-C58 RH-RC58も使用可能?)
レンズケース: 専用ハードケース



次はあのレンズ、smc PENTAX-AF ZOOM 35~70mmF2.8です。


2008/1/6
*タイトルのレンズ名を修正しました。
*次の御紹介レンズ名を記載し、リンクを張りました。

2014/12/11 追加更新
*本文記事を少量追加し、簡単なスペックを記載しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック