50本目 smc PENTAX -F ZOOM 35 ~ 70mm F3.5-4.5 MACRO

画像


お気軽レンズとして、おそらくこのレンズにかなう物はないだろう、と思います。
ショートズームで何が良いか?と聞かれたら、私はまずこのレンズをお勧めします。(デジにはお勧めしません)大きさはA50mmF1.2程度でありながら、35-70mmというベーシックなレンジをカバーし、かつお手軽マクロも可能、そして写りもこのレンズの位置付けからすれば望外の良さ、という長所を持ち、現在高騰するペンタの中古レンズ群の中でも比較的まだ安価に入手できる(デジに合わない焦点距離のため)為です。
唯一の欠点はF3.5~4.5とやや暗め、真横に平行な図柄を入れると収差が強めに出る事ぐらいではないかと思われます。

画像

広角35mmにして最短距離70cmだとここまで伸びます。
現在、フィルターは純正のゴーストレス・UVフィルターを付けています。


画像

マクロに持っていった場合はここまで。

SFX-Nのところで書いていますが、このレンズは決して高級レンズとして作られた訳ではなく、どちらかというと普及版に近いものです。そのせいかもしれませんが、私のものは結構ピント位置がずれていた個体でした。写真レンズ工房さんでチェックして頂いた時には、「工場出荷基準には入っている筈ですけど、かなり外れてる方でしたね。でも、みんな(ピントを)合わせちゃうから狂っていても使えちゃうんで解らないんですよね・・・」と。
その場でキッチリとピンを合わせて頂いておりますが、おかげでとても3500円の中古品とは思えない良い感じで写してくれます。

画像

真正面から。


画像

お尻から。絞り羽根は6枚です。


画像

SMC PENTAX 50mmF1.2と並べてみました。大きさはほぼ同じなので、標準ケースにそのまますっぽりと入ります。旅行に持っていく時は何よりの武器です。尤も最近ではコンデジでしょうけれども(笑)
ちなみに重さは50mmF1.2の方がずっしりと重いです。


作例です。
画像

絵はがき的に(笑)
3500円でこれだけカッチリ撮れるズームレンズはそうありません。

PENTAX SFX-N F8 自動露出 Kodak HD-400 SMCスカイライトフィルター
* Nikon Coolscan3 コントラスト修正 アンシャープマスク80%

インド・デリーの高級住宅街のお寺で。
画像

デート印字がなければ・・・・(泣
PENTAX SF-7 絞り開放 1/125 Kodak HD-400 ゴーストレス・スカイライトフィルター
* Nikon Coolscan3 ストレートスキャン


画像

朝日を浴びて・・・多分これ、露天の床屋さんでしょうねぇ。12月だとデリーの朝夕はちょっと寒いです。(南のムンバイは常夏ですがw)
PENTAX SF-7 プログラム露出 Kodal HD-400 ゴーストレス・スカイライトフィルター
* Nikon Coolscan3 コントラスト修正 アンシャープマスク80%


画像

2000年に初めてフランクフルトに来た時、確か日曜日だったと思いますが、この線をSLが走りました。もちろん正規運用ではなく、同好の士が走らせているものでした。タクシーの運転手(ドイツ人)はSLを指して「見ろ、ドイツが誇る最新鋭機関車だよw」と。それから7年。久方ぶりに来てみて最後の1枚、と言う事でこの写真を撮りました。線路が綺麗なのに気づいたのはシャッターを切った直後です。そして、それからわずか数分後。
遠くで「ピョーッ」という警笛が聞こえました!「うっそー!!」シュワシュワと煙が近づいてきます。そうです。今年もやっぱり走ってきたのでした!・・・・フィルムはもちろん終わっていました(泣 Eタンクに2軸客車を数両連結した列車は軽やかに橋の下をくぐり、フランクフルト中央駅の方へ走って行きました・・・・・。
 

PENTAX SFX-N プログラム露出 Kodak HD-400 ゴーストレス・スカイライトフィルター
* Nikon Coolscan3 コントラスト修正 アンシャープマスク80%

画像

おなじみ、アグファのアンドロイドねーちゃんです。フォトキナでもPMAでもおなじみでした。(PMAでは私は見た事がないですがw)印刷関係ではアグファは健在ですが、もちろんこんな格好をしたおねーちゃんは参加しません。一方、名前を買ったAGFAPHOTO社は各国のフォトショウに参加していますが、このおねーちゃんたちはやっぱり出ていません。ちょっと残念です。
PENTAX PZ-1p ハイパープログラム露出 Kodak SuperGold400 ゴーストレス・UVフィルター
* Nikon Coolscan3 アンシャープマスク80%


画像

2005年のソウルのフォトショウ。ここはCanonのブースでした。確かペンタは出ていなかったはず・・・です。
PENTAX SFX-N 絞り開放 絞り優先AE Kodak SuperGold400 ゴーストレス・スカイライトフィルター
* Nikon Coolscan3 コントラスト修正

画像

いつもはこのSFX-Nにくっついています。海外出張の時はSFシリーズのどれかとお供となっています。

小型軽量、性能は優秀、PENTAXの良さが全て出ている好製品の1つだと思います。

2015/2/1 追加更新

レンズ構成: 8群8枚
フィルターサイズ: 49mm 
絞り: 完全自動絞り F3.5(4.5) ~ F22(32)
絞り羽根枚数: 6枚
最短撮影距離: 0.32m
最大径 x 全長: 67 x 50mm
重量: 235g
レンズキャップ: レンズキャップF 49mm
レンズフード: RH-RA49
レンズケース: S70-70


次もFレンズのズームレンズ、F35-105mmF4.5-5.6です。


2007/12/29
作例1枚追加しました。
2009/1/11
海外撮影分については場所を記入するようにしました。

2015/2/1 追加更新
本文記事に簡単なスペックを記載しました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック