アクセサリー19コめ  レンズフード (その2) / 望遠レンズ用(1)

たかがフード、されどフードのその2、です。比較的単純な望遠レンズで行きましょう。
超望遠や大口径レンズでは、組み込み式フードが採用されている事が多かったので、別売方式となっていたのは200mmクラスまでが殆どでした。
1)52mm径
画像

Kシリーズデビューの時点で、SMCペンタックスとしてラインアップされたレンズは基準が52mmと1サイズアップとなった事は既に述べた通りです(しつこい?)
この時のレンズフードは52mm径では2種類が用意されました。どちらもあのクリップオンタイプです。

望遠レンズ用フード52mm(B)K  定価1200円。
SMC PENTAX 85mmF1.8
SMC PENTAX MACRO100mmF4
SMC PENTAX 105mmF2.8
レンズフードにはこの3本の名前が印刷されていました。
画像


望遠レンズ用フード52mm(A)K 定価1200円。
SMC PENTAX 120mmF2.8
SMC PENTAX 135mmF3.5
SMC PENTAX 150mmF4
レンズフードにはこの3本の名前が印刷されていました。
画像


このフードにはケースがありません(w)。この時代には、各レンズ毎に名前をプレスしたハードケースが準備されており(一応バラ売りとなっていた)、キャップを付けたレンズに逆かぶせして収まるように設計されていたからであろうと思われます。

画像


この後、コンパクト化され新設計となったMレンズがデビューしますが、52mm級のレンズはM200mmF4等に限られ、しかもフード内蔵タイプとなる事から新しいものは出てきませんでした。

その後、ずっと時代は下がり、思いもかけないレンズで52mm級のフードが登場しました。しかも金属ボディです。
画像

smc PENTAX-F 85mm F2.8 SOFT用のMH-RB52がそうでした。後継のFA 85mm F2.8 SOFTもこのフードが指定されています。金属製のねじ込み型フードで肉厚もあり、かなり深いものです。上記プラ製の中望遠レンズ用のものとは比較になりません。
画像


只、かなり頑丈そうなので、なまじぶつけたりすると、フードは大丈夫でレンズの取り付け部分がゆがんでしまう可能性もありそうですが・・・・(実験した訳ではありませんけど^^;)

早い話、このレンズフード1個があれば、上記のKレンズ6本及び内蔵式ですが深さが足らないM200mmF4等にはドンピシャで使えることになりますし、Mズーム80-200mmF4.5にも多分有効でしょう。
画像

smc PENTAX-M 200mm F4に装着してみました

画像

SMC PENTAX 105mm F2.8に装着してみました。

49-52mmステップアップリングを使えば49mm径の望遠レンズにも使用出来てしまう優れものであります。もちろんF/FA135mmF2.8にも転用可能です。
たまに中古市場で出てくる事もありますが、現在も販売継続中なので、興味のある方は是非1個お持ちになっては如何でしょうか?定価4200円とかなりのものですが、無くなってから苦労するのは(以下省略。
尚、ペンタックスのオンラインにも在庫があるようです。

2008/9/27
*タイトルに「望遠レンズ」のサブタイトル追加
*本文中のレンズ等にリンクを張りました。

2008/10/4 更新
75年11月発行のKシリーズ専用アクセサリーカタログにフードのリストがありましたので、それに基づき訂正致しました。

簡単に書けると思っておりましたが、49mmの方が結構量がありましたので、急遽52mmだけで一旦止める事にしました。なんかストラップの時みたいですがスイマセン。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック