アクセサリー19コめ  レンズフード (その5) / 準標準レンズ用

広角に行く前に、準標準レンズ(今はもうそう言う区分がないですね)を少し書きます。標準レンズのところでやれば良かったのですが、うっかりしていました。
1)smc PENTAX-M 40mm F2.8用 ラバーフード(正式名称なし) 定価800円
*持っておりません。 以前にも書いておりますが、これが現在も発売中のRH-RC49と同じなのかどうか不明であります。ちなみにカタログによれば、このラバーフードはM50mm F1.4/F1.7(/F2.0)にも使用出来ると但し書きがありました。雰囲気的には、多分同じものであろうと推測出来るのですが、なんせ証拠がありません。

2009/3/8
標準レンズ用フードのところでも述べておりますが、このフードは昨年発見しております。しかし、購入しませんでしたので、RH-RC49と同じフード(型番を入れただけ?)かどうかが不明であります。かなり荒れていたので実用にならないと考えて買わなかったのですが、ちょっと失敗したかもしれません。ま、いつかまた入手できるときもあるでしょう(w

2015/9/7 追加更新
記事を書いてから7年、このフードをようやく入手しました。しかも新品デッドストックのようです。
画像

製品名は「49mmラバーレンズフード」であります。

チェックしてみますと、予想通りRH-RC49と殆ど同じです。というか本体は同じもの、と言い切って良いでしょう。
異なる点は、
①製品名が無く、”ASAHI PENTAX” ” JAPAN 49mm” と2カ所に浮き出しがあります。
画像

ASAHI PENTAXが真上に来る様になっています。

②RH-RC49の方は、”PENTAX RH-RC 49mm” という浮き出しが1カ所、こちらも真上に製品名が来る様になっています。

正確に言うと、このラバーフードはRH-RC49より1mmほど先端部が短いのですが、切り口を見るとラバーを切り落とした時の個体差かなぁ、という気もします。
何はともあれ、このフードを入手出来てほっとしました。長年の疑問がひとつ解消しましたし。


さて、現在でも入手出来るRH-RC49 (定価税込み1500円)ですが、これは実際に付けてみた結果、取り付け方法によっては問題が生じます。
レンズ+RH-RC49( +フィルター)の組み合わせですと、フードの取り付け部分のふくらみとレンズのピントリングとが殆ど同じ位置に来てしまい、指に接してしまうのです。つまり、ピント合わせの際にフードラバーが指に接触してブレーキの働きをしてしまい、大変やりにくいのです。
画像

ご覧の通り、ピントリングのラバーとフードの裾とがほぼ接した状態になっています。

これを防ぐには、レンズ+フィルター+RH-RC49という順番で取り付けると、隙間が出来るのでぐっと楽になります。
画像

フィルター1枚の差、ですが実際の操作上の感覚は全く異なります。

下で述べていますMH-RA49メタルフードはここをうまく逃げて作ってあり、さすが専用フードだと思います。
画像

取り付け部がフィルターと同径とされていて、逃げになっています。

フィルターを使わない方は御注意下さい。
そうそう、肝心のケラレですが、フードそのものは大柄なので、画角に支障はきたさないようです。

2)smc PENTAX-FA 43mm F1.9 limited 用 MH-RA 49mm (S/B) 現行 定価3,318円
このフードにかぶせるメタルキャップ/レンズキャップ limited 49mm(S/B) 現行 定価2,625円

画像

*ということで、このフード・キャップのセットで6千円近くが飛ぶ、という素晴らしいアクセサリーであります。ですから、もし中古等でFA43mmを買う場合は、この付属品があるかないかをチェックしないと、逆に高く付く買い物になる事もあり得ますので御注意頂きたいと思います。

3)smc PENTAX-DA 40mm F2.8 limited 用 MH-RC 49mm 現行 定価3,318円
いわゆるフジツボ型フードであります。外側に飛び出ないのでかさばらないという利点は大いに認めますが、私が気にくわない点はまさにそこでして(笑)、レンズフードらしくないのがイヤな訳です(w
と言う事で、持っておりませんw

さて、FA43 limited とDA40 limited用の2つのフードはお互いに利用が可能であり、もちろん元祖M40mm F2.8にも勿論取り付け使用が可能であります・・・・・と言っても、私が自分で確認したのはM40mmにMH-RA49を組み込んだものしかありません。他はネットでの書き込みで、自分では確かめておりません。使っていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?
画像


MEにM40mmを付け、鞄に放り込むイメージはその昔随分使われたものですが、フードなしだったのが玉に瑕でした。しかし、DA40mm用のフジツボフードであれば余りかさばらないかもしれませんね。

さて、次回こそ広角レンズです<(_ _)>



2009/3/8
写真3枚を追加し、本文記事も追加致しました。

2015/9/7 追加更新
写真2枚と本文記事を追加致しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

M42沼
2018年01月17日 19:57
こんばんは。
私もM40mmf2.8用のラバーフード(デッドストック)を、ゲットしました。
定価は800円で、箱の意匠はさらに古く、MX・ME時代のものです。
画像で見る限り、全く同じもののようで、特に品名(型番)はありません。
箱にも「34260 49mmラバーレンズフード」と書かれていて、標準価格 800円 とあります。

まだしっかりしていて、使えるのが嬉しいです。

同じ店で、ペンタックスのケーブルレリーズ2型(当時600円)もゲットしました。
多分、オートストッパー付を2型といったのでしょう。
古いレリーズは、ネジで固定していましたから。
A・P(ブログ主)
2018年01月20日 09:04
M42沼さま)
いつもコメント有り難うございます&レアなフードのゲット御目出度う御座います。
実用上は、同じ型のRH-RC49がありますからそれが簡単なんですが、このラバーフードは型番が無いので用途が不明、どのレンズ用だかわからない、とか言う感じで残ってる可能性もありますね。
ネジ止めのレリーズ、私はエツミのものですが、持ってました。永年撮影行にお供してきたのですが、行方不明になってしまいました。メカニカルレリーズも絶滅危惧種ですねぇ……

この記事へのトラックバック