アクセサリー20コめ LX Finder (2)/ system finderはカッコイイけれど・・

さて、予定外でPart2となってしまいましたLXのファインダー、隠れた人気者?システムファインダーへ参りましょう。

3)システムファインダー
実用性はともかく(?)、おお、すげーなー、とため息をつかせた一つがコレでした。
FB-1をベースに3種類のアイピースを取り付けて使うという、その合体メカぶりが素晴らしかったわけです(爆
更に、それぞれに名前が付くというのもまた凝っていました。

画像

取り付け方法は、お互いのバヨネットマウント部の赤点部を合わせて、ちょっと押し込み気味に時計方向へまわしてカチンとロックします。突起は取り外し用のロック解除ボタンです。

a)FC-1 アクションアイピース
FB-1+FC-1=システムファインダーアクションデュアル
合体させると、どこからか神谷明氏の声で「システムファインダー・アクション、デュアル!!」という叫びが(爆

・・・・聞こえて来るという事は絶対にありません。

画像

この形ですと、他社にも存在する通常のアクションファインダーです。
アイポイント: 60mm。
ファインダー倍率:0.55倍  とかなり低く、
視度 : -0.95Dpt
他のカメラのファインダー視度はおおよそ-1Dptあたりにあるようですから、差がそんなにあるわけではありません。しかし、使いにくいのはこのファインダー倍率が低い事もあるかもしれません。
違う問題点としては、ファインダー画像に色収差が出る場合があり、これまた非常に気に障るものの一つです。

画像

絞り情報はプリズムがあるので誘導されてきており、このファインダーでは下側に出てきます。もちろん画像と同じく正像で見えます。ただ、この絞り表示窓も0.55倍のせいか非常に小さく、私の視力では絞り数字は殆ど見えません(目をこらすと一応見えますが)。また見える角度も小さいようで、見えない位置もあります。

画像

FC-1は180°回転する事が出来、アイレベルからウエストレベルへ切り替える事が可能です。
ここがカッコよかったのです。
しかし、実際に購入してみてセッティングしてみると「ダメだこりゃ」の落胆でありました。まぁ、主たる要因は私の視力にあるわけで、相性が良くなかっただけ、とも言えます。
とはいえ、この手のオプションとしてはかなり売れたのではないでしょうか?で、手放した人もまた結構居るのではないかと思います。まぁ人から人へと流れ流れているだけなのかもしれませんけれど。

b)FD-1 マグニアイピース
FB-1+FD-1=システムファインダー45

名前の通り、45度の角度でファインダーを覗けるものです。ウエストレベルファインダー同様、ローアングルの撮影にも使われますが、元々は顕微鏡撮影用途ではなかったかと。

画像

システムファインダー45を取り付けた姿。
早い話、FB-1にFE-1を付けたものです。

画像

視度調節で最大ここまで伸びます。
ファインダー倍率: 0.95倍
視度調節: -4.5 ~ +3.5Dpt
アイポイント: 15mm
ファインダー画像は正像で、絞り表示も正像で、下に出ます。FC-1と異なり、倍率が普通のファインダーと同じように高いため、絞り表示は大きくはっきりと見えます。
これは十分私にも使えるアイピースです。

c)FD-2 スタンダードアイピース
FB-1+FD-2=システムファインダー45S

Sはstandardの頭文字でしょうね。
最もコンパクトなアイピースであります。メーカー推奨の用途は顕微鏡撮影だそうです。

画像

性能は以下の通り、
ファインダー倍率: 0.84倍
視度: -1Dpt
アイポイント: 15mm

FB-1から送られた絞り表示の画像を受け止めるだけのレンズを持っていない(小さいのでケラレている)為に、覗き込んでも絞り表示は見えません。また、小型化の見返りに視度調節機構を持っていませんので、私の視力では
ピント合わせが難しいです。


以上の通りですが、なんと言ってもアクションファインダーが使いこなせないのは悲しかったですねぇ。
さて、お次は・・・・?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

k sat2
2019年07月12日 18:01
アクションファインダーは、F3ハイアイポイントのような、メガネをかけたまま覗き込むためのものだったと思います。
なので、視度調整無いと店員さんに説明を受けた記憶があります。
A・P(ブログ主)
2019年08月30日 22:33
k sat2さま)
コメント有り難うございます。
お返事が大変遅くなってしまって申し訳御座いません。

仰る通り、この手のアクションファインダーはアイポイントがずっと離れており、ファインダーを「覗き込む」使い方には向いていない代物です。
ですが、弊方の場合はそれだとピントが合ってるかどうかさっぱりわからないという、どうすりゃいいの?だったのでした。


この記事へのトラックバック