別室ライカRのへや 2本目/SUMMILUX 50mm F1.4 safari color

画像


公私とも色々ありまして時間が経ってしまいました。
ようやくの標準レンズ、ズミルックス50mm F1.4 の出番であります。
まぁ既に何度もR3ボディと一緒に写ってるのですが、そこはご勘弁下さい。

標準50mmですが、フードは内蔵となっています。フィルターはシリーズ7とありまして、これだけだと何のことやらわかりませんが、レンズキャップにはE55の文字があり、普通の55mmサイズのものがそのままつきます。
画像


フードを伸ばした状態。
画像


このレンズもそうでしたが、手元に来た時には焦点距離を表示している黄色のインキが盛大にはみ出ておりまして、爪でカリカリと擦って綺麗にしています。
メンテナンスの時にそうなっていたのか、あるいは元からそうであったのか、熱その他の要因でインクが膨張してそのような事態になったのかは不明です。

後ろから。絞り羽根は6枚です。
画像

黒染めはされていません。マウント自体は電子接点も無いプレーンなものです。

画像

このレンズも " Made in Germany " の表記です。ライツはZeissとは違うポリシーなのでしょう。

R3に装着した姿。フードは伸ばしています。
画像


正面から。
画像


R3サファリのセット?には、このズミルックスの他に有名なズミクロン50mm F2 を装着したものがあります。持っていないので差が解りませんが、そのズミクロンは私が言うのもおこがましいんですが、非常に有名で検索すると賛美の声が載ったものが沢山出てきます。一方、このズミルックスはその陰に隠れてしまった?のかあまりコメントされておりません。まぁ私の節穴では差が解るとは思えませんけれど。
で、日本語カタログを読むと「1m以遠の画質はズミクロンと同等で、さらに一段明るい開放絞りをもち、したがって報道写真やポートレートに最適です」とあるのです。最短距離付近ではズミクロンの方が上と言うことでしょうかね。まぁテツの場合にはまず使わない距離ではありますが、何となく語るに落ちているような気もします。

ペンタでも55mm F1.8は名玉扱いされている(コストパフォーマンスが高い)のですが、50mm F1.4は今ひとつの扱いなので、似たようなものかも知れません。

ま、何はともあれ撮ってみないといけませんね。

レンズ構成: 6群7枚
フィルターサイズ: 7 (55mm)
絞り: 完全自動絞り F1.4 ~ F16
絞り羽根枚数: 6枚 
最短撮影距離: 0.50m
最大径 x 全長: 67 x 47mm 
重量: 460g
レンズキャップ: 14289/E55 (現物の記載)
レンズフード: 組み込み式 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック