CP+2019に行ってきました (本記事)

画像


雨の中、初日に行ってきました。久方ぶりの初日訪問です。
開場前に着いてしまうかな?と思いましたが、ちょっと過ぎたあたりに到着しました。恒例の入場証引き替えですが、とりあえず自分で登録したものでチェックして入場証をゲット。

会場入り口は1カ所のみ。一番奥まで歩きます。
で、入り口入って直ぐの左手が我らがリコペンブースでありました。

とりあえず、カメラ持って行くとシールもらえるとウェブサイトにあったので、早速見せようとして……どこでもらえるの?
結局解らなかったのでブースの人を捕まえて訊いてみると、ここ。
画像

キャンギャルではなく、社員の方でしょうね。
このお姉さんに我が長老KXを見せて、シールもらったのですが、なんだかなぁという代物。
リコー出身なのかな、全然興味なさそうで(解らない?)で、正直がっかり。
で、肝心のシールも結局はリコーとペンタの2種類しかないもので、つまり、ペンタを見せればペンタのシール、リコーを見せればリコーのシール、というものなのでした。
シールはA5サイズで、AOCOマークとPENTAX 100 YEARS OF HISTORY という白抜・黒抜、PENTAXのロゴ、K-1,KP,K-70,645Z,K-1 MARKII のロゴという、100年目のものにしては、非常に慎ましい代物なのでした。
だからもらえなかった人、たいしたものじゃありませんから(苦笑) フォーラム行ったらありそうな気も。

恒例のタッチ&トライ、今回はリコーGRⅢが主役です。結構並んでました。女性の方も結構いらしたようです。
画像

当方はパス。
しかし、昨年あたりからリコー、特にTHETAの占拠面積が大きくなっているような。

そして何気なく立っていたのがこれ。
画像

HD PENTAX-D FA☆ 85mm F1.4 !

上から覗いてみると、第1レンズは無く、ガワとレンズフードを出したもの、という感じです。
画像

今見てみると、このレンズ、ものすごくでかいブツです。
三脚座なしで大丈夫?という気すら起きます。少なくとも私の今あるカメラバックには入りそうもないですね。
お値段もぶったまげ価格にならなければ良いのですが…。

この後、接写してたおっちゃんが立ち上がるときによろけてこのケースにもたれかかってしまい、ガタガタとレンズとフードが転がりかけたのはご愛敬。私ですか?そんなへまはしません(が、ブレとピンボケ写真量産しました)

DA・FAレンズ群。
画像

FAリミテッド3姉妹は、HD化すると味付けが変わってしまって、変更できないとかいう話を何かで読んだような。

そのHDコーティングレンズ群。
画像

DA☆のHD☆への移行はもう少し手早く出来ないものなのでしょうか。まさか在庫が沢山あるので今発表出来ない、とか。
説明によれば、エアロ・ブライト・コーティング(DA☆55mm F1.4等)が最上級とのことですが、生産性が非常に悪い(プロテクトコーティング必須)ので、これに伍する性能でかつ生産性を上げる目的で開発されたのがHDコーティングだそうな。ペンタのウェブサイトにもグラフがありますけど、うーん。(大丈夫、私の節穴では区別できないレベルの話)

で、異彩を放っていたチームLimitedのブース。
画像

ホビーケースの中に、APやSP、ESII、SPF、K1000やらP30T、MXにLX、67IIといったカメラも並んでいます。

正直、ここが今回一番楽しかったところです。
画像


「これ、何か意味あるんですか?」
「全くありません! カッコ付けの為に作りました!」

きっぱりと宣言されました。有り難うございます。


「これ、レンズによっては当たりますよね」
「ええ、大きいレンズはアウトですからこれ、こうなってるんです」
画像

ホットシューを使って押さえている形になっていました。つまり何のことはない、タダのプレスカバーなのです。
とはいえ、これは意表を突かれました。

デジになってから、何か人と違うものを、という欲求に答えるすべがなかった。
カラバリもその手段だった。
KPで手始めにグリップを選べるようにして、カスタムモデルっぽくやってみた。
なら、もっと遊び心を前面に出してみたら?ということでやってみたそうです。

「それとですね、実はこのマウント座金が違うんですよ」
言われてみて初めて気がつきました。黒いのです。(写真はもろにブレてました)
「これ、さる時計メーカーさんのガワと同じものを使ってるんです」 
「レンズ付けちゃうと見えないので、オーナーさんしかわからないわけですね?」
「ええ、知る人ぞ知る、自己満足の極地ですよね」

「それと、このウォールナットも、さる高級車のウッドパネルに使われてるものなんです」
「なんか昔、LXのグリップでありましたね」
「今回、試しにこういうブロック作ってもらいました」
画像

「硬いですね」
「ええ、でも彫刻刀なんかでは削りやすいですよ」
……私、センス無いんです、スイマセン。

画像

「この、ブラックメタリック、最近こういうのないんですけど良いと思いませんか?」
「昔のK2なんかはこういう光沢のある黒ですよね」
「で、ここじゃわかりにくいんですけど、太陽光だと、反射によって色が変わるってのどうですか?」
「日産がやってましたよね」
「よく御存知で」
*この黒がそうであったか、今思い返しますとちょっと自信ありません(大汗)

「あの、リコーさんの社員の方ですよね、どこか別の会社とコラボとかではない?」
「はい、好き勝手やってますが、れっきとしたリコーの社員です」
「いっそ、あーだこーだ言われないよう、独立子会社になってみるのは?」
ちょっとそこはどうしようか考えちゃう、という感じでした。

クルマと同じで、ちゃんとしたしっかりしたものを買うけれど、だからといってお隣のクルマと区別が付かない様なのはいや、自分の好みでアレンジしたい、というのは誰もが持っている欲望なので、このアイデアはなかなかのものです。
とは言え、こういうのは鮮度が命。直ぐにやらないと中国人がやってしまいます、それも驚く程の安さで。
もうそうなるとこのマーケットは終わりです。
やるならさっとやって、中国がマネしてきたら止める、というくらいの割り切りが必要かな、と思います。(となると別会社は無理ですね)

結構ここで馬鹿話をしていたように思います。ちょうどKPオーナーの方がいらしたのですが、ものすごく興味を示していらっしゃいました。
「とても楽しかったです」とお礼を述べてこのブースを去りました。

なお、デジカメwatchさんにきちんとした写真(汗)と共に記事がありますので、是非。
     ↓
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/eventreport/1172528.html

ペンタのカウンター。空いてます(苦笑)
画像


HD化されたFA35mm F2を自分のK3に付けさせてもらいました。
ファインダーを覗いた瞬間、そのヌケの良さ、そのくっきり感に驚きました。なんせ、今回付けていったのはDA16-85ズームレンズですからね、そりゃ単焦点の方が勝ちますよね。
画像


で、FA35mmのピントリングゴムの代わりに、新しいHD-FA35mmのピントリングは嵌まりますか?という質問に、
「HD-FAはここにグリーンの帯が入るので、FA35mmと部品が違っている可能性が高いので、付かないかも知れません」ということでした。うーむ、残念。

ついでに、HD-FAのピントはフィルムに合わせているのか、CMOSに合わせているのかという質問については、FAと同じ、と言うことのようです。でも、多分CMOSでしょうね。なんせもうKマウントのフィルム一眼レフは存在していないのですから。

ということで、後はぷらぷらと会場を巡って、中古市とアウトレットブースへ。

ペンタのブースで買ったのは、K-1オリジナルストラップ(1000円)と、オート接写リングKセット(1万円)でした。
他の人の話を聞いていると、一番のお買い得は双眼鏡だったようです。理由は(ry
絶版アクセサリーの投げ売りとしては、K10D・K20D用リチウム電池500円、レンズフロントカバー300円、ホットシューカバー(ファインダーキャップと一緒になっているアレ)100円、その他Qシリーズ用のキャリングケースなどが放出されてました。
大物では67レンズ、でしょうか。さすがに67レンズは、ねぇ。

中古市はいつもの如く。
なんせつい先日まで松屋でやってましたので、もうお腹いっぱい。
画像

オリンパスPEN EE等のコンパクトカメラはこういう貼り替えをやっても似合いますね。もはやカメラというよりアクセサリーですが。花柄とか、木目調なんか良いと思ってしまいます。
一眼レフはちょっと、ですねぇ。

ということで、私のCP+2019は無事終了しました。土、日行かれる方は是非、頑張って下さい!


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

とおりすがり
2019年03月14日 20:03
今年もD-LI50のアウトレットがあったのですね、気が付きませんでした。しかも去年の半額ですね。私は東芝のSDカードのアウトレットを狙っていたのですが、お昼の到着だったので売り切れでした。
A・P(ブログ主)
2019年03月15日 19:06
とおりすがり様)
コメント有り難うございます。
去年もありましたか(D-Li50)、確かにK10D/K20Dユーザーに限定されてしまいますから、今使っている人じゃないと反応しないですものね。
SDカードですか、うーん気づきませんでした。というか今現在、アキバではメモリーカード関連は安いですよ?
とおりすがり
2019年03月16日 23:57
D-LI50、シグマやミノルタのカメラで使用できるものがあるんですよね。
2012年の製品ですが、読み出し95MB/s・書き込み90MB/sの32GBモデルが1枚500円は破格の安値ではないでしょうか。
流石の秋葉原でもこの価格でこの仕様のものは見つからないのでは。
A・P(ブログ主)
2019年03月17日 00:59
とおりすがり様)
それは買いですね!

この記事へのトラックバック