ICS主催 銀座松屋「第42回 世界の中古カメラ市」に行ってきました 

昨日、久方ぶり?に行って参りました。
フィルム価格がご承知の通りとんでもないレベルに跳ね上がっているので、正直、今さらフィルムカメラってどうなんでしょうねぇと嘆息してしまうこの頃ですが、そこそこ人は入っておりました。
とはいえ、天候は今ひとつでしたし、コロナウイルスによる肺炎問題もあります。
ということで、ある程度混雑も落ち着いたであろう午後に、マスクを付けて会場に入りました。

ペンタで珍しいもの……は、
K2DMDが1台、35千円あたりの値段を付けてました。
LXは数台。どこにでもあったSPが少なくなったような。
FA☆28-70 F2.8は大きく値段を下げ、6万円台(それでも良い値段?)
FA☆80-200 F2.8は10万円を切ったところ……高くない?
FA☆85 F1.4は9万~10万円台と今なお高価格帯です。HD85mmがおそらくぶっ飛び価格&ヘビー級重量になるのでそれを嫌った……?
A☆85mmF1.4もありました。A☆135mm F1.8もふえぇぇぇぇl?というような価格で。
K18mm F3.5 大文字SMC PENTAX モデルが1本ありました。大文字モデルの現物を見るのは初めてです。
K15mm F3.5非球面が1本ありました。A15mm F3.5の方が安いですねー。デジならAの方が使いやすいと思いますが……
Aレンズ、なんとなく価格帯が下がった様な気がしますが、どうなんでしょうね。
長尺マガジンLXのフルセット、マガジンにフィルムローダーまで入ったセットがありました。隣にニコンF用の同様なセットもありましたが、100ftフィルムの小売りが終了してしまった今となっては完全に産業遺産(?)以外の何者でもありませんけれど。
K3II Silver Edition 1台ありましたが、ううん、今さら(笑 
もう少し安かったら買った? 
645 Japanモデル1台あり。但しスレ傷あり。
メーカーの補修部品所持期間が終了したためか、67IIや645NIIのシステムが結構出てきているように思います。

メーカー特注品というCONTAX RTSのホワイトボディ(でもグッタベルカは黒なので、正確には白黒パンダモデル?)なるものもありました。
Y/Cレンズ、相変わらずですが、望遠系は下がり、中望遠~標準~広角は一時期のどん底から上昇してるようです。マウントアダプター様々かしらん。
ライカRレンズに目移りしますが、高いですねぇ。まぁ最低ラインは揃えてるので、これで良いでしょうw

ICSの中古市はどちらかというと「舶来品」カメラ主体であったように思うのですが、そういうお店が廃業してしまったり、肝心のタマが無くなってきているのか、現在ではかなり国産品のウェイトが増えてきている様な感じを受けました。

戦果ですか?今回は何もありませんでした。

……CP+2020の開催中止、今知りました。まぁ、そうなりますねぇ。