テーマ:別室 M42 Lenses

別室4 M42のへや 11本目 MC JUPITERー9 85mm F2/ 初のロシアもの

スクリューマウントレンズの11本目は、遂にやってきましたロシアンレンズであります。 これは、とある集まりで「買ったきりで一度も使ってないロシア製のレンズあるけど、いらない?」というお話を頂き、有り難く頂戴したものであります。 M42の世界では有名なロシアもののレンズの1本ですが、当方はこの種のものには今まで一度も手を出し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

別室4 M42のへや 10本目 / AUTO CHINON 55mm F1.4 TOMIOKA

御紹介忘れてました。先般御紹介したCHINON M-1にくっついてきたものです。 チノンブランドのレンズですが、”TOMIOKA”という富岡光学器械製造所(以下、富岡光学と記します)の名前が明記してあります。この富岡光学、この時点ですでにヤシカの傘下でありまして、後にY/Cレンズを製造することになったことで、知る人ぞ知る会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別室4 M42のへや 9本目 / Auto-Topcor 58mm F1.4 / by COSINA

カネがない、といいながらアンタよく買ってるねぇ、と思われるかと思います。 自分でもそう思います。買い物依存症なのかもしれませんw さて、今回は今更のM42、今更の標準レンズ、今更の復刻トプコールであります。 はっきり言って衝動買いであります。このレンズ、ベッサフレックスTM銀の登場と共にM42及びニコンFマウントの2タ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

別室4 M42のへや 8本目 / PENTACON AUTO MC 29mm F2.8

M42沼、現在のところ唯一の広角レンズがこの東独ペンタコン社製の29mmレンズであります。 結構あちこちで見かけるレンズでありますが、手入れされてないものも多く、手に取ってみると埃だらけとか絞り羽根がにぶいとか自動絞り/マニュアルレバーがきちんと作動しないとかで、安いものにはナントカという諺をしみじみと思う事がいくつかありまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別室4 M42のへや 7本目/ ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

コシナ・フォクトレンダーブランドのトリはこのレンズであります。これも一応、パンケーキレンズというグループに入れて良いと思います。 おそらく、SLレンズシリーズの中で、最も売れたレンズではないかと個人的には思っています。実際、CPUを搭載して登場したSL II シリーズの第1陣にこのレンズと58mmノクトンが選ばれている事からも人気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別室4 M42のへや 6本目/ PLANAR T* 50mm F1.4 ZS

既にちょこっと名前だけはいくつかの記事に書いておりましたので、気が付かれていた方もいらっしゃるかもしれません。 京セラの撤退以降、絶えていたカールツァイスの35mmレンズ群の生産販売ですが(ソニーブランドとなったコニカミノルタのαシリーズにも供給が始まりました)、コシナ生産で再び供給が開始されました。当初はニコンF/Ai-sマウン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別室4 M42のへや 5本目/ COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

フォクトレンダーSLシリーズのうち、唯一中古でゲットしたレンズであります。というか、最初に買ったM42マウント製品であり、このレンズを付けるために後からベッサフレックスTMの黒ボディを購入したのでした(爆 場所は神田のカメラのきむらで、お値段は確か2万円あたりだったと思います。今もそうですが、このフォクトレンダーSLレンズは一部の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別室4 M42のへや 4本目/ APO-LANTHAR 90mmF3.5 SL CloseFocus

初代のアポラン90mmです。90mmという単焦点レンズは、SLR用としてはマクロレンズで存在していますが、ノーマルレンズでは殆どラインアップされて居らず、珍しい部類に入ります。へんてこ焦点距離が好きな旭光学でもラインアップしておりません。レンジファインダー向けの焦点距離なのかもしれません。確かに、普通のSLR用であれば、85mmと100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別室4 M42のへや 3本目/MACRO APO-LANTHAR 125mm F2.5 SL

コシナ・フォクトレンダーブランドの中望遠マクロレンズです。SLシリーズの中で唯一のマクロレンズでありますが、自分はもっぱら明るい大口径望遠レンズとして使っています。 SLシリーズレンズ群のなかで、お値段的には最も高価でして末期の投げ売り状態のなかでもこのレンズだけは結構張っておりました。 それでは見て行きましょう。恒例の正面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別室4 M42のへや 2本目/APO-LANTHAR 180mmF4 SL CloseFocus

続いては、コシナ・フォクトレンダーブランドのSLレンズであります。 2年くらい前に、フジヤカメラで新品をまとめ買いしておりますので、この後SLシリーズが続きます(ネタをバラしちゃいましたw) 鏡胴先端部分のクロムメッキ部分にある3色のリングが目立ちます。これは、色収差補正を行ったアポクロマート・レンズであることを誇示している…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

別室4 M42のへや 1本目 / EBC FUJINON-T 200mm F4.5

ボディは3台しかないので、早くもレンズ編に入りましたw M42沼は大変広く深い、と聞いておりますが、幸いちょこっと足を水に浸けた程度で済んでいます。 基本的には「旭光学のスクリューマウントレンズには手を出さない」事としています。ペンタコレクターのくせに、なんだ?というお叱りが来そうですが、ボディにしてもレンズにしても、これ以上のめり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more