第27号 PENTAX MG Black

画像
7000円ちょっとという格安で出ておりましたので入手してしまったものです。弱点であるアイピースの割れが出ていますが、アイカップFHを装着し、隠しました(^^;) この個体だけ?なのかわかりませんが、おなじみのFLではスカスカでしたので、お値段が高く在庫も残り少ないFHを嵌め込む事になってしまいました。
画像

アイピースの左側の枠にヒビが入っています。また右側のアイピース部分からアクセサリーシューにかけてもヒビがあります。

アクセサリーシューカバーは、現在も供給が続くFKを装着しています。
ストラップは割と入手しやすい(中古店で一番良く見かけますし、値段も500円程度。しかもまだ量販店では新品が入手可能)純正のFG?をつけました。

MEsuperでさんざん言われた(らしい)シャッターボタンは銀メッキされており、印象はすこぶる良くなっています。スイッチ部分はMEよりは簡略化されていますが、こっちの方がむしろ壊れにくいのではないかと思います。

画像


実用上はMEと全く変わりがなく、同じ感覚で使えます。但し、露出倍数ダイヤルはMEより大幅に簡略化され、一旦巻き戻しクランクを上げてASA感度ダイヤルを弄くるという、ちょっと怖い方法になっています。しかも、目安となる指標は簡単に動いてしまうので、気を付けていないとフィルムの感度設定自体をも勘違いして間違えてしまう可能性があり、ある意味「そんな事する人居るんですか?」的に、一応付けておきましたというように解釈すべきでしょう。
画像

ASA400に設定されています。指標も正しくASA400の位置を指しており、これが正常。

画像

ASA400フィルムを装填している状態で、1段(どこにもそう書いてないのですが)露出オーバーに補正したということ。結局はASA感度ダイヤルを1段ズラしてASA200にした、と言う事が非常によく解る仕組みですが^^;;

画像

このように指標を単独で動かす事も可能なので、注意が必要です。これですと、フィルム感度はASA200で、現在1段階露出アンダーのASA400で撮っている、と言う事になります。ま、ダイヤルが正しくフィルム感度通りに設定されていれば、指標の位置など無視してかまわないのですけれど(笑


MEsuperあたりから顕著になったようですが、外装部分に使われているネジが段々安っぽいものに変わってきています。Kシリーズでは皿ネジのカメラビスで、クロームメッキされていたりあるいは黒色塗装されていたりしますが、このMGでは模型などでも見られるグレー系の平ネジ(少し丸い)になっています。コストダウンなのでしょう。

もちろんフォーカシングスクリーンはMEsuper譲りのクリアブライトマットになっており、MEより明るく見やすくなっています。ボディにはダイヤルデータ用の接点が設けられており、ノンコードでデジタルデータMが取り付けられるのはSuperAの項で述べた通りです。
シャッターの感触もMEsuperと同様です。

MEが2台とも死んでしまっている現状では、私の完全お気軽カメラとしては実はこのMGが唯一なのです。質感は確かに金属ボディーのMEより大きく劣りますが、その反面、エンプラのこのMGは軽いのです。ワインダーMEⅡも取り付けられますが、そういう野暮なものはこのカメラにはない方がよいかと思います。

装着しているレンズは、"TAIWAN "とシールが貼られているsmc PENTAX-A 50mm F2.0で、カメラのきむら新宿店で6300円で入手しました。エツミのラバーフードと純正スカイライトフィルター(非SMC)を付けています。これで、輸出向けのsmc PENTAX 55mm F2.0とマクロレンズを除いて、マニュアルの標準レンズもコンプリートしてしまいました(笑)
(リンクでお解りのように、55mmF2.0はゲット致しました)
台湾製のレンズは、Mレンズもそうですが加工精度?に問題があるようで、ボディとの脱着がスムースではありません。M2.0後期と同じく、エンプラ化されており、絞り環の感触は最悪です。メンテに出したとして、どこまで良くなるか、余り期待は出来そうもないです。コーティングについては、外から見る限り、M時代と同じ様です。
肝心の性能ですが、普通に絞って使う限りにおいては、何も問題はありません。まぁF2.0ですし、そう目くじら立てる必要もないでしょう。

40mmF2.8等の軽量レンズをつけて、お気軽に持ち出せる1眼レフとして如何でしょうか?
でもME持ってるヒトはいらないかも・・・・

次は、この記事でも比較対象として良く出てきた、MEsuperのブラックボディです。

2007/8/23
*本文中に記載したモデルにリンクを張ってみました。
*次のモデルの御紹介をリンクと共に復活してみました。
2007/12/7
本文中に記載したボディ・レンズにまたリンクを張りました。

2008/8/23 更新
最近は稼働しておりません。空打ちぐらいですね・・・・
*本文に一部追記しました。
*本文中に記述したアクセサリー等にリンクを張りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック